FC2ブログ
HOME   »  [センバツ2015]好ゲーム・健大高崎VS天理
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 3月28日の2回戦、健大高崎高校と天理高校の試合は、互いに譲らぬ好ゲームでした。

 天理の斎藤投手、健大高崎の川井投手共に自らの投球を展開し、両チームの強打線を抑えました。

 また、両チームの守備も見事でした。難しい当たりを何も無かったかのように捌き、ピッチャーを助け続けました。

 両チームのプレーの質の高さは、今大会屈指のものであったと感じます。

 健大高崎がこの厳しいゲームを3-1で勝ち切ったのは、その走塁で勝ったことが要因でしょう。

 健大高崎が機動力のチームであることは、既に定評の有るところですが、この試合において健大高崎が魅せた「機動力」は相当レベルが高く、加えて「思い切った」ものでした。

 1-1の同点で迎えた7回裏、1死2・3塁、健大高崎7番の佐藤選手の当たりは1塁ゴロ、天理の一塁手坂口選手は捕球の後、三塁ランナーを目で止めてからファーストに送球しました。
 一度止まった三塁ランナーが、一塁送球を観て猛然とホームベースに突っ込みます。タッチプレーにもならずにホームインしました。普段から練習していなければ、とても出来ないプレーでしょう。

 続く8回裏、四球で歩いた一塁ランナー知念選手がスタートを切りました。盗塁かと見えましたが、打者の春日選手が強振。打球は左中間に落ちてヒット。ランナー1・3塁のヒットエンドラン成功かと見えましたが、知念選手は既にサードベースを蹴っていました。悠々とホームイン。

 後から見ると、知念選手は猛然とスタートを切っていましたから、春日選手がフライアウトであれば、とても1塁ベースには戻れなかったことでしょう。「ランナー1塁から、ワンヒットでホームを陥れる」という、とても「思い切った作戦」だったのです。

 このゲームは、どっしりと構えた伝統の天理高校野球と、機動力に新しいプレーを交えた健大高崎高校野球が、その持ち味を存分に発揮した好ゲームでした。

 それにしても、青栁監督率いる健大高崎高校の機動力野球は見事でした。
 この野球が甲子園大会を制する日も遠くないかもしれません。
スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031