FC2ブログ
HOME   »  エリザベス女王杯2017の注目馬
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 11月12日、京都競馬場芝外回り2200mコースで行われる、第42回エリザベス女王杯競走G1の注目馬検討です。

 メンバーが揃いました。

 まさに「2017年秋の最強牝馬決定戦」に相応しいメンバーです。

 まずは3歳牝馬陣。秋華賞2017の1~3着が出てきました。こういう年も珍しいのではないでしょうか。
 続いて古馬牝馬陣。
 4歳のヴィブロスがドバイターフ優勝、クロコスミアが府中牝馬S優勝。
 5歳のルージュバックがオールカマー優勝。
 7歳のスマートレイアーが京都大賞典優勝、と好成績を引っ提げての出走です。

 特にヴィブロス、ルージュバック、スマートレイアーは、牡馬一線級を相手にしての優勝ですから、相当強い布陣です。

 各馬が順調に来ているということですが、調教師、厩務員等の関係者の皆さんのご努力が実を結んでいるということでしょう。

 多士済々の難しいレースとなりました。

 さて、注目馬です。

 第一の注目馬は、8枠16番のヴィブロス。
 2000m超のレースを走ったことが無いところは気になりますが、ドバイターフの末脚が印象的でした。前走府中牝馬ステークスは太目残りと観ます。やはり、世界の強豪馬を倒した力が、最後に物を言うのではないでしょうか。

 第二の注目馬は、8枠17番のルージュバック。
 オークス2015で2着の素質馬が、ようやく本格化したと見ます。京都・外回りの長い直線で実力を披露してくれることでしょう。

 第三の注目馬は、3枠5番のモズカッチャン。
 前走秋華賞は、Mデムーロ騎手にしては珍しく仕掛けが早かった感じがします。実力馬ですので、しっかり乗ればチャンスはあります。

 上がり馬も居ますが、これだけメンバーが揃うと苦しいのではないでしょうか。

 パンとした馬場でのレースを期待しています。
スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031