FC2ブログ
HOME   »  クローゼ選手の見事な決定力
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 [グループG ドイツ2-2ガーナ]

 このゲームは、ガーナチームの気迫がドイツチームを上回り、終始押し気味でした。

 前半を0-0で折り返し、後半ドイツに先制されるもののアンドレ・アユー選手とアサモア・ギャン選手のゴールで一気に逆転し、後半20分を過ぎました。

 試合経過とゲーム内容を勘案したのでしょう、後半24分、ドイツのレーヴ監督は「決勝トーナメントまでは使いたくなかった?」ミロスラフ・クローゼ選手とバスティアン・シュバインシュタイガー選手を投入しました。

 そして後半25分、左コーナーキック・クロース選手が蹴ったボールがヘディングの競り合いからゴール右前に落下、これをクローゼ選手が右足で押し込みました。2-2の同点。

 右足の裏で押し込んだシュートでしたが、これがこの試合のファーストタッチでした。何と言う「決定力」でしょうか・・・。言葉にならない凄さです。

 これでワールドカップ通算15得点目、ブラジルのロナウド選手と並び歴代1位タイとなりました。「生ける伝説」の記録は、まだまだ伸びそうです。

 試合後のインタビューで「ワールドカップ20試合で15得点は悪くない」と応えるクローゼ。
 確かに「悪くない」ですね。
スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930