FC2ブログ
HOME   »  ハリルジャパンの素晴らしい船出
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 3月27日に大分銀行ドームで開催されたキリンチャレンジカップ2015、日本代表VSチュニジア代表のゲームは、日本代表チームが2-0で快勝しました。

 ハリルホジッチ新監督を迎えた新生日本代表チーム=ハリルジャパンにとってはデビュー戦となったゲームでしたが、「勝利に拘る」とコメントしていた指揮官の狙い通りの結果であり、新監督の初戦として見事な内容であったと感じます。

 以下、順不同の感想です。

① 若手とベテランを上手く使っていたこと

 先発は若手主体のメンバーでした。ゴールキーパーGKの権田選手、ディフェンスDFの槙野選手、藤春選手、ミッドフィールダーMFの山口蛍選手、フォワードFWの永井選手、武藤選手、川又選手とフレッシュなメンバーが並びました。

 DFの吉田選手やMFの長谷部選手を除けば、「5年後の代表チーム」といった布陣でしたが、この若手の選手達が溌剌としたプレーを展開したのです。ゲーム全体の流れを観れば、前半は日本チームが攻めて、チュニジアチームが守った展開、後半の前半はチュニジアチームが攻めて、後半の後半は日本チームが押した形でしょうか。

 この日本チームが攻め続けた前半45分間でしたが、得点を挙げられませんでした。攻めのリズムが単調で、ボールの落ち着きに乏しかったことと、攻撃が一本道で意外性が不足していたことが原因だと思いますが、これから経験を積んで行けば得点力を強化できる可能性は感じさせました。

 後半に入って、まず本田選手と香川選手を投入し、続いて岡崎選手、今野選手、内田選手と、「現在の日本代表レギュラープレーヤー達」を次々に投入しました。ここで宇佐美選手を投入したのも、ハリルホジッチ采配の妙でしょう。ベテランばかりでは無く、若手も投入したのです。

 まだ就任したてのハリルホジッチ監督としては、なるべく多くのプレーヤーの実践を観ておきたかったのでしょうが、その先発配置、交替の順番・メンバーはとても上手いと感じました。
 「勝利を大前提とした選手投入」だったのでしょう。素晴らしいことです。

② さすがのベテラン勢

 日本(53位)より世界ランキングが遥かに上のチュニジア(25位)、つまり相当格上のチームに対して、若手主体のチームは良く頑張りました。
 その試合振り・ゲーム内容を、本田選手や香川選手は良く観察していました。

 そしてピッチに登場するや、一気にゲームの流れを引き込んだのは、さすがとしか言いようがないスキルの高さでした。

 本田選手と香川選手のところでボールが落ち着き、周囲の選手が動く時間を生み出すのです。本田選手と香川選手のボールキープ力は、世界に通用するレベルなのです。

 そして、香川→本田→岡崎と繋いで先制点が生まれました。相手陣を抉った本田選手は、相手ゴールの反対側で右手を挙げてアピールしている岡崎選手をきちっと見て、ボールを上げました。このボールを岡崎選手はヘディングで叩き込みました。代表チームでよく見られる攻撃ですが、高いレベルのプレーの連続でした。

 岡崎選手のヘディングシュートも、相手DFとGKが目の前にいる状況で「ここしかない」コースに打ち込んでいます。ゴールポストの外に吹かすことも無く、ゴールポストに当てることも無く、相手プレーヤーに捕捉されることも無いシュートというのは、とても難しいものでしょうが、何もなかったかのように決めるところが「本物」なのです。

 2点目はGKが弾いたボールを本田選手が左足で押し込んだものですが、そのポジショニングといい、反応の良さといい、「ACミランの10番」の力を示したものでしょう。

 このゲームの日本チームの得点が、岡崎選手と本田選手からしか生まれなかったことは、少し残念なことなのかもしれません。
 いつも書くことで恐縮ですが、日本の現役プレーヤーの中でワールドカップで得点したことが有るのは、本田・岡崎・遠藤の3選手しか居ないのです。今回遠藤選手はメンバーに選ばれていませんから、残るは本田選手と岡崎選手となります。

 本田と岡崎、この2選手は日本選手の中で「国際試合で圧倒的な得点力を誇る2人」なのです。両選手は、国際試合における得点力・得点感覚の高さをこのゲームでも示した形ですが、他の選手にゴールが生まれなかったことは、いつも言われることですが「日本代表チームの課題」なのです。

③ DFの良さ

 相当に強いチュニジア代表チームを零封した守備は、高く評価されるべきでしょう。
 代表チーム不動のセンターバック吉田選手はもちろんとして、槙野選手や藤春選手もとても良く機能していました。カバーディフェンスが出来ていたのです。

 特筆すべきは、世界ランク25位のチームに「決定的なチャンスを与えなかったこと」だと思います。

 ふわりとしたロングパスから裏を取られての失点という、日本代表チームの弱点もこのゲームでは目立ちませんでした。ハリルホジッチ監督の戦術とイズムは、守備にも活きているのだと感じます。

 もちろん、親善試合でありホームゲームでしたから、手放しで喜ぶというわけには行かないのでしょうが、1-0や2-1では無く、2-0で勝利したことの意義はとても大きいと感じます。
 日本代表チームが格上を相手にキッチリと勝ち切ったというゲームは、久し振りなのではないでしょうか。

 ハリルジャパンは素晴らしいスタートを切りました。
スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930