FC2ブログ
HOME   »  バドミントン世界選手権2017・福島広田ペア準優勝
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 イギリス・グラスゴーで開催された、2017年のバドミントン世界選手権・女子ダブルス決勝で、福島由紀・広田彩花ペアが準優勝に輝きました。

 8月26日に行われた準決勝で、リオデジャネイロ・オリンピック銀メダルペアのデンマークペアを破った、福島・広田ペアは、8月27日に行われた決勝で、陳・賈の中国ペアには、1-2で惜しくも敗れました。

 とはいえ、初出場での準優勝は見事な記録であり、世界選手権大会においては、1977年の第1回大会の栂野尾・植野ペア以来の(この時は優勝)決勝進出を果たしたのです。

 陳・賈ペアは準決勝で、日本期待の高橋礼華・松本美佐紀のオリンピック・金メダルペアも破っています。今大会は、日本チームにとっては厚い壁となった形ですが、そもそも準決勝に2つのペアが進出すること自体が、日本女子バドミントン勢の層の厚さを如実に示しています。
 素晴らしいことだと思います。

 今大会は、男子ダブルスでも、園田啓悟・嘉村健士ペアが3位に入りました。
 ひとつの世界選手権大会で、女子シングルスの奥原選手も含めて4つのメダルを獲得したのですから、本当に見事な活躍です。

 日本バドミントン界は、着実に世界のトップを捉えつつあるのでしょう。
スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031