FC2ブログ
HOME   »  バド世界選手権2019・日本2種目優勝2種目準優勝
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 スイスのバーゼルで開催されていた、バドミントンの世界選手権大会は8月25日に各種目の決勝が行われ、4種目という史上最多の種目で決勝進出を果たしていた日本チームは、男子シングルスと女子ダブルスで優勝、女子シングルスと男子ダブルスで準優勝という、好成績を残しました。

[男子シングルス決勝]
桃田賢斗選手2-0アンダース・アントンセン選手(デンマーク)

[女子シングルス]
プサルラ・シンドゥ選手(インド)2-1奥原希望選手

[男子ダブルス]
アッサン選手・セティアワン選手(インドネシア)2-1保木卓朗選手・小林優吾選手

[女子ダブルス]
松本麻佑選手・永原和可那選手2-1福島由紀選手・廣田彩花選手

 桃田選手は、21-9、21-3という圧倒的なスコアで連覇を果たしました。
 「本大会全6試合で1ゲームも落とさない」という、強さが際立つ大会であったと感じます。

 松本・永原ペアは、福島・廣田ペアとのフルセットの激戦を制し、こちらも連覇を達成しました。女子ダブルスの選手層の厚さが、日本チームの強さの根源であることは間違いありません。
 素晴らしいことです。

 奥原選手は、7-21、7-21というスコアで、シンドゥ選手に完敗しました。決勝は残念な結果でしたけれども、決勝に進出したことはとても大きな成果であったと観るべきでしょう。

 その点は男子ダブルスの保木・小林ペアも同様です。
 第1ゲームを23-25で落としたことが痛く、第2ゲームは21-9で取りましたが、第3ゲームを落とし敗れました。
 勝つチャンスも十分にあったと観たいところです。

 東京オリンピック2020の前年の世界選手権大会としては、日本チームの成績はとても良かったと感じます。

 着々と実力を蓄えつつある日本バドミントン界ですが、この勢いを持って、一層の強化が期待されるのでしょう。


スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930