FC2ブログ
HOME   »  マスターズ2019・新生タイガーウッズ選手の逆転勝利
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 1997年、2001年、2002年、2005年、2019年・・・。

 タイガー・ウッズ選手がマスターズ・トーナメントを制した年です。

 この2005年から2019年までの「長い空白」に、ウッズ選手の苦悩が滲んでいます。
 「雌伏14年」・・・、一言で済ませるには、あまりに長い期間でしょう。

 現在43歳のウッズ選手にとって、この「長い空白」は概ね「自身の30歳代」に重なります。
 
 ゴルフ史上に燦然と輝く存在、史上最強との呼び声も高いタイガー・ウッズ選手にしても、その「30歳代」を棒に振った感もあるのです。
 
 メジャー大会15勝、PGAツアー通算81勝という「金字塔」は、「もしタイガーの30歳代が健在であったなら」、もっと凄い数字になっていたかもしれない、とも思います。

 他方、ゴルフというスポーツの長く深い歴史を考慮すると、あのまま、あの20歳代の勢いでウッズ選手が走り続けていたなら、早い時期に故障を、致命的な故障を発症していたかもしれないとも思います。

 ジャック・ニクラウス選手のメジャー18勝、サム・スニード選手のPGAツアー82勝という史上最高成績は、幾多のゴルフプレーヤーの血と汗と涙の上に成立しているものであることを考え合わせれば、どのような形にしろ、ウッズ選手も「あのスピードで走り続けることはできなかった」可能性が高いのではないでしょうか。

 以上を総括すると、タイガー・ウッズ選手にとっては、色々なことが有った30歳代が結果として良い休憩期間となって、これからの「第二のタイガー・ウッズの戦歴」の礎となったと考えたいところです。

 精神面、肉体面を含めた、多くのトラブルと多くの手術・治療を経て、多方面で成長した「新生タイガー・ウッズ」が誕生し、ついにマスターズ・トーナメントに再び勝利するに至りました。
 それも、全盛期には成し遂げられなかった「メジャートーナメントにおける『逆転勝ち』」。
 明らかに、新しいタイガーが生まれたのです。

 もちろん、加齢に伴う肉体的な衰えはどんなアスリートでも避けて通ることは出来ませんから、体や心と相談しながらの「40歳代のラウンド」になるのでしょうが、ウッズ選手の持つオーラの大きさは、他の選手の追随を許さないものですから、なるべく多くの大会に姿を魅せていただきたいものです。
 
 「タイガー・イズ・バック」・・・。

 「世界ゴルフ界の至宝」としての、タイガー・ウッズ選手のラウンドは、これからも続きます。

スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930