FC2ブログ
HOME   »  レアル・マドリードは選手を集め過ぎではないか?
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 ワールドカップ2014閉幕に伴い、トッププレーヤーの移籍が相次いでいますが、クラブ単位でみるとレアル・マドリードへの集中が凄い感じです。

 主な獲得選手を見ても
・ハメス・ロドリゲス(コロンビア)
・ケイロル・ナバス(コスタリカ)
・トニ・クロース(ドイツ)

 この3プレーヤーは、ワールドカップ2014で大活躍したプレーヤーで、今後の世界サッカーを背負っていく人材ですが、既にレアルへの移籍が発表されています。

 「一からチームを創る」場合でも、相当豪華な獲得なのですが、レアル・マドリードのことですから、既存のプレーヤーも素晴らしいラインナップですので、「ポジションが被ってしまい、先発メンバーに入れないのではないか?」といった、余計な心配をしてしまいます。

① 既存メンバー
 クリスティアーノ・ロナウドFW、ベンゼマFW、エジルMF、ディマリアMF、ケディラMF、マルセロDF、カシージャスGK

② 新規加入メンバー
 ハメス・ロドリゲスMF、トニ・クロースMF、ナバスGK

 どう見てもプレーヤーが重なります。いったい、どのようにチームを編成していくのか、あるいはこれから放出があるのか、アンチェロッティ監督を始めとするベンチスタッフの手腕が試されるでしょう。

 それにしても素晴らしいメンバーです。
 2000年代初めに「銀河系軍団*」と呼ばれたレアルですが、その時のチームに匹敵するようなメンバーになって来ました。(*FWがラウルとロナウド、MFにジダンとフィーゴ、ベッカム、DFにロベルトカルロスやイエロといった豪華なチームでした)

 「銀河系軍団・第二章」の始まりかもしれません。どんなチームに仕上がるのか、とても楽しみです。
スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930