FC2ブログ
HOME   »  全国高校ラグビー決勝2020・桐蔭学園優勝
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
[1月7日・決勝・東大阪花園ラグビー場]
桐蔭学園23-14御所実業

 第99回全国高校ラグビーフットボール大会の決勝は、初優勝を目指す奈良の御所実業高校チームと、初の単独優勝を目指す神奈川の桐蔭学園高校チームの戦いとなり、桐蔭学園チームが逆転で勝利を収めました。

 前半は御所実業チームの、後半は桐蔭学園チームの、ゲームでした。

 御所実業は、前半、持ち味のフォワードが力を発揮して2トライ・2ゴールを挙げて14-3とリードしました。
 一方の桐蔭学園は、後半、持ち味のバックス・フォワード一体となった攻撃で3トライ・1ゴールを挙げ、御所実業を無得点に抑え、後半20-0、計23-14で優勝したのです。

 桐蔭学園チームにとっては、第90回大会決勝(2010年)で、東福岡高校チームと31-31の両校優勝以来2度目の全国制覇ですが、第93回大会(2013年)、第95回大会(2015年)と決勝で苦杯を嘗めてきましたから、何時の頃からか、「悲願の単独優勝」というフレーズが叫ばれてきたのです。
 両校優勝から「3度目の正直」でした。

 御所実業チームにとっても、第92回大会(2012年)、第94回大会(2014年)と決勝で敗れ、惜しくも優勝が出来ていなかったのですが、残念ながら今回も全国制覇はなりませんでした。

 そういう意味では、第92回から第95回まで、4大会の準優勝チームが激突したゲームでもあったのです。

 この両チームが素晴らしいのは、決して「自分達のやり方・持ち味」を変えないという点かもしれません。

 両チームとも、全国高校ラグビー界を代表する存在です。
 これからも、御所実業のラグビー、桐蔭学園のラグビー、を全国のラグビーファンに魅せ続けていただきたいものです。

スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031