FC2ブログ
HOME   »  全米オープンゴルフ2015・アメリカ人選手の優勝は?
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 ワシントン州・チェンバーズベイGCで開催されている、2015年の全米オープンゴルフ大会は3日目を終えて、ジョーダン・スピース、ダスティン・ジョンソン、ジェイソン・デイ、ブランデン・グレースの4選手が4アンダーパーで並びました。

 続く5位タイのスコアが1アンダーですので、6月21日の最終日の優勝争いは、この4選手に絞られたと言って良いでしょう。

 いつも書いていることで恐縮ですが、メジャートーナメントの最終日は、
① 3日目までの上位選手の争いとなることが多く、3日目のトップから2打差以内に居ないと優勝のチャンスは殆ど無いこと
② 大逆転優勝の可能性は低く、大逆転が見られるのは、上位の選手が大崩れした時に限られること

 という大原則が有ります。

 今大会は、3日目終了時点のトップに4名ものプレーヤーが並んでいるのですから、4人が4人共スコアを大きく崩すというのは考えにくいことですので、優勝争いは4人に絞られたと判断できるでしょう。

 さて、この4人の出身国を見ると、スピース選手とジョンソン選手がアメリカ、デイ選手がオーストラリア、グレース選手が南アフリカとなっています。

 アメリカのナショナル選手権大会である全米オープンですが、過去10年間(2005年~2014年)を振り返ると、アメリカ人プレーヤーの3勝7敗と、アメリカにとっての外国人プレーヤーの活躍が目立つ大会となっています。
 世界のゴルフ界を牽引するアメリカとしては、とても残念な結果となっているのです。

 スピース選手、ジョンソン選手がアメリカゴルフの威信を守るか、デイ選手、グレース選手が近時の外国勢の勢いを再び示すのか、最終日のプレーがとても楽しみです。
スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031