FC2ブログ
HOME   »  全米カレッジフットボール-2・シュガーボウル
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 その2はシュガーボウルです。

 アメリカ合衆国南部のルイジアナ州ニューオーリンズで年頭に開催されるボウルゲームですが、歴史的にニューオーリンズが綿花と「砂糖」の一大輸出港であったことから「シュガー」ボウルと名付けられたのでしょう。

 1935年開始ですが、1974年まではチュレーン・スタジアムで開催されました。
 80000万人余を収容する大スタジアム。1974年までは、NFLニューオーリンズ・セインツのホームでもあり、スーパーボウルも3度開催されました。

 私には、シュガーボウルといえばチュレーン・スタジアムですが、現在の会場であるルイジアナ・スーパードーム(現、メルセデスベンツ・スーパードーム)に移ったのは1975年ですから、もう40年以上の月日が経っています。意外に古くからスーパードームで行われていたということになります。

 シュガーボウルの勝利チームというと、ネブラスカ大学とアラバマ大学が印象に残っています。(例によって、1970年代・80年代に強かったチームです)

 ネブラスカ州には、NFL、MLB、NBAのチームが有りませんので、スポーツファンの注目はカレッジフットボールに集中します。その1に書いた「カレッジフットボールの人気が高い」要因の典型的なエリアなのでしょう。

 ネブラスカ大学コーンハスカーズ(コーンの皮をむく人という意味で、いかにもコーンの名産地らしい愛称です)は、これまで5度の全米チャンピオンに輝いている名門です。
 ハイズマントロフィー受賞者も3名輩出しています。
 シュガーボウルでも、1974年、85年、87年と勝利しました。
 但し、名伯楽トム・オズボーンが1997年に引退してからは、かつての強さが影を潜めているのはとても残念です。

 一方のアラバマ大学クリムゾンタイドの強さは健在です。
 全米カレッジフットボール界最多17回の全米チャンピオンに輝いており、2019年1月7日の全米王者決定戦でも、惜しくもクレムゾン大学タイガースに敗れたとはいえ、全米トップクラスの実力を維持しているのです。
 全米カレッジフットボールの歴史上、ノートルダム大学ファイティングアイリッシュと並ぶ超名門チームでしょう。

 クリムゾンタイドOBには、NFLの歴史に燦然と輝くプレーヤーが並びます。
 第1回、第2回スーパーボウルMVP・バート・スター選手(グリーンベイ・パッカーズ)、第3回スーパーボウルMVP・ジョー・ネイマス選手(ニューヨーク・ジェッツ)、第11回スーパーボウル優勝QBケン・ステブラー選手(オークランド・レイダーズ)等々、初期のスーパーボウルを彩ったプレーヤーが並んでいます。

 もちろん、シュガーボウルにおけるクリムゾンタイドの活躍は素晴らしいものです。
 1978年から80年の3年連続優勝を始めとして9回の制覇に輝いています。

 続いては、フロリダ州マイアミで開催されるオレンジボウルです。
 これは「その3」で・・・。
スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930