FC2ブログ
HOME   »  剣道
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 1882年・明治15年、嘉納治五郎が東京府下谷の永昌寺の書院12畳を道場として「講道館」を設立しました。この年が、現在の柔道のはじまりとされています。

 武士が生まれ、戦闘のための武芸が行われるようになったのは12世紀頃からといわれていますが、戦国時代が終わって江戸時代に入り、武芸・武術のひとつとして柔術が発達しました。柔術には、種々の流派が生まれ、幕末には百を超えていたといわれています。

 学習院講師だった嘉納治五郎が、天神真楊流柔術や起倒流柔術の技を中心に創り上げた格闘技が「柔道(講道館柔道)」です。
 嘉納は、自らの提唱する格闘技を「柔道」と名付けましたが、当初の講道館は新興柔術のひとつでしたので「嘉納流柔術」と呼ばれることもあったようです。

 さて、講道館柔道が嘉納により創られたとはいえ、数ある柔術の中で後発の講道館柔道が、どうして日本中そして世界中に普及し、人気スポーツとなったのでしょうか。
 以下のような理由が考えられます。

① 警察官の必修科目となったこと
 嘉納治五郎の著書によると、1888年・明治21年頃に行われた警視庁武術大会で、他の柔術流派との対戦に勝利したことを受けて、当時の三島警視総監が日本伝講道館柔道を警視庁の必修科目としたことから、全国の警察にも広がったと言われています。
 警察官の必修科目になったことは、講道館柔道の日本国内への普及にとって、大きな力となったことは間違いないでしょう。現在でも、柔道か剣道が、日本の警察官の必修科目となっています。

② 学校教育の科目に取り入れられたこと
 前述の警察への導入の影響があったのかどうかはわかりませんが、1898年・明治31年に、旧制中学の必修科目として講道館柔道が取り入れられました。
 太平洋戦争後は、1950年・昭和25年に新制中学の選択科目に組み入れられ、1953年・昭和28年の学習指導要領に柔道・剣道・相撲が「格技」として位置付けられ、正課の授業に組み入れられました。こうした、戦後の文部省による取組の影響は大きく、全国の中学校に普及しました。

③こうした警察・学校での普及により、柔道の指導者となりうる人材の数は飛躍的に増えたものと考えられます。この沢山の指導者が、戦後の世界中への普及の力となったことは間違いないでしょう。

④前述のような体制面の対応・確立が、日本国内・世界中への柔道の普及・拡大の大きな要因であったことは確かですが、本ブログでこれまで採り上げてきた他のスポーツと同様に、普及・拡大には、もうひとつの要素が必要です。それは「面白いこと」です。プレーヤーも観客も、両者が面白いと感じ、人気が出なければ、そのスポーツは発展しません。

 では、講道館柔道の何が面白かった、あるいは面白いのでしょう。私の考えでは、「投げ技」と「固め技」のバランスが絶妙である点が、最大のポイントだと思います。講道館柔道は、古来の柔術の中から「投げ技」は起倒流から、「固め技」は天神真楊流から、主に取り入れたとされていますが、特に「投げ技」の導入効果が大きかったと思います。

 現在の柔術の試合を観ていると、技の掛け合いの様子が良く解らないケースがあります。2人のプレーヤーが寝技の掛け合いを行っているシーンなどは、テレビ画面で大写しにしてくれれば、何をしているのか多少は判りますが、会場でやや遠くから観ていると、角度が良くない場合などは全く見えません。一部の専門家やマニアには面白いものでも、一般の人達に理解されない・解りにくいスポーツは、なかなかメジャーにはなりません。

 これに比べれば、講道館柔道は、プレーヤー2人が立った状態で試合が始まり、まずは「投げ技」の応酬となるので、視覚面から観客に判り易いのです。加えて、投げ技が決まった時も判り易い。投げ技から固め技としての「寝技」や「関節技」への移行も、判り易いと思います。
 プレーヤーの立場からも、「投げ技」は爽快感を伴うプレーだと思いますし、普段のトレーニングも面白いものでしょう。

 講道館柔道がその本質として持っている「面白さ」が、普及・拡大の最大の要因であったと思います。

⑤これに加えて、嘉納治五郎が掲げた「精力善用」「自他共栄」の考え方は、日本古来の武術に共通した理念を文字にしたもので、単なる勝利至上主義ではなく、心身の鍛練を目的として掲げていますから、この深い精神性も、特に海外への普及の一助となったものと思います。

⑥さらに、海外での普及の要因として考えられるのが「簡易な用具」です。柔道の用具といえば「道着」と「畳」ですが、各地での普及活動の当初段階であれば、正式なものが必須というわけではありません。用具が簡易というのは大切なポイントです。

 最近国際化が進んでいる剣道の普及スピードが、柔道に比べて遅いのは「剣道には重装備が必要」で、特に開発途上国では費用面で厳しいのでしょう。用具のコスト面を除けば、剣道と柔道の普及のための条件の充足状況は似ていますから、簡易な新素材の防具でも開発されれば、剣道は飛躍的に世界中に広まると思います。
 剣を模した竹刀を持って、対戦相手を切る・突くというスポーツは、世界中のプレーヤーにとっても観客にとっても、とても面白いものであることは間違いありません。


スポンサーサイト



 スポーツにおいては、アメリカ起源のものは団体競技、日本起源のものは個人競技です。

 アメリカ起源の代表的なスポーツといえば、ベースボール、アメリカンフットボール、バスケットボールが挙げられます。ベースボールは1チーム9人、アメリカンフットボールは1チーム11人、バスケットボールは1チーム5人の団体戦です。
 一方、日本起源の代表的なスポーツといえば、柔道、相撲、剣道といずれも個人競技です。

 個人競技と団体競技を区別する基準は、色々な考え方があると思いますが、私は「分業概念の有無・強弱」だと考えています。

 ベースボールを例にとります。守備における各ポジションは、各々異なった役割を果たします。投手と捕手、内野手、外野手はゲームにおける守備を、チームとして実践していく際に別々の役割を担います。内野手でも、一塁手・二塁手・三塁手・遊撃手は、役割が異なりますし、外野手でも中堅・左翼・右翼で役割が異なります。単にエリアのことだけを考えても、9人全員が自らの役割を果して、初めてフィールド全体をカバーできますので、極めて分業度合いが高いスポーツということになります。

 バスケットボールも同様です。1チーム5人のプレーヤーは別々の役割を担います。NBAにおける一般的な呼び名で、以下に表記します。

 まずはポイントガードPG。チームの司令塔として攻撃・オフェンスOF、守備・ディフェンスDFの両方のチームプレーをコントロールします。バスケットボールというと長身のプレーヤーが多いのですが、このポイントガードPGのプレーヤーは比較的小柄です。NBAでいえば、センターラインを越えて相手コートにボールを持ち込むのは主にPGの役割です。そこから、様々なフォーメーションでプレーが展開されるのです。番号で呼ぶと「1番」です。ラグビーのスタンドオフに似たポジションかもしれません。

 続いてシューティングガードSG。主に中・長距離のシュートを打つことが役割のプレーヤーです。3ポイントシュートは、SGの見せ場です。番号で呼ぶときは「2番」です。

 続いてスモールフォワードSF。得点が期待されるポジションです。ドリブルを多用するように思いますが、色々な角度からシュートを放ちます。カットインやポストプレーなど、プレーヤーにより様々なタイプが存在しますが、チームの得点エンジンであることは共通しています。また運動量も多いので、守備面の役割も大きいプレーヤーです。番号で呼ぶときは「3番」です。

 続いてパワーフォワードPF。SFと同様に、得点が期待されるプレーヤーですが、SFより長身で大きなプレーヤーが務めることが多いと思います。ゴール下での得点・守備のために接触プレーに強いことが求められます。攻守におけるリバウンド対応もPFの大切な役割です。番号で呼ぶときは「4番」です。

 最後はセンターC。バスケットリングに最も近いポジションでプレーします。長身で強い肉体を持ったプレーヤーのポジションです。ゴール下からのシュート、ポストプレーのポスト役、そしてPFと共に攻守のリバウンド対応が期待されます。番号で呼ぶときは「5番」です。

 上記のように、バスケットボールもベースボールに負けず劣らず「分業」が確立された高度な団体競技です。

 アメリカンフットボールの役割分担について述べようとすると大部になりますので、別稿に譲ることとしますが、アメリカンフットボールは、ベースボール・バスケットボール以上に分業化されています。
 特にアメリカンフットボールの特徴として挙げておきたいのは「自らを犠牲にして、味方プレーヤーのプレーを助ける」役割・プレーがとても多い点です。

 例えば、ボールを受けたランニングバックRBが走って前進する際に、相手チームのプレーヤーがこの前進を止めようとタックルに来るわけですが、この相手チームのプレーヤーを弾き飛ばすために、ボールを持っているRBの前を味方プレーヤーがガードするプレーは、その典型です。
 こうしたプレーは、サッカーやラグビーでは反則ですが、アメリカンフットボールでは正当なプレーとなっていますし、アメリカンフットボールの最大の特徴のひとつです。こうしたサポートプレーに対しては、ファンもスポーツ報道機関も高く評価します。ある意味では、スクリメイジライン上のプレーや、タックル・ガードのプレーなど、アメリカンフットボールのプレーの大半が、自己犠牲型サポートプレーの組合せで成り立っているようにも思います。

 一方、我が国起源のスポーツを観てみましょう。頭書した、柔道・相撲・剣道を始めとして、弓道・空手などいずれも個人競技ですし、いわゆる武道の流れをくむスポーツが多いと思います。ダブルスという形式も無い、純粋な個人競技が多いことが特徴です。

 我が国起源のスポーツにも団体戦がある、という意見もあると思いますが、これは団体戦であって、団体競技ではないように思います。
 もちろん、柔道や剣道の団体戦は、先鋒・次鋒・中堅・副将・大将といったポジションが与えられ、それぞれの役割も異なるのですが、個々の試合は個人戦ですし、「分業度合い」は小さいと思います。前述のベースボールやバスケットボールといった、アメリカ起源のスポーツにおける「団体競技」とは、別のものでしょう。

 これは、フェンシングやアーチェリーといった競技の団体戦にもいえることで、先のロンドンオリンピックの競技を観ても、個人戦の成績の積み上げが団体戦の成績に繋がるのであって、チームの3人が異なる役割を負担して一緒に戦うという「団体競技」ではありません。

 陸上競技の競走や水泳競技の競泳におけるリレーはどうでしょうか。
 短距離競走における400mリレーの場合には、クラウチングスタートからコーナーを走る第一走者と、バトンを受けて直線を走りバトンを次の走者に渡す第二走者、バトンを受けてコーナーを走りバトンを次の走者に渡す第三走者、バトンを受けて直線を走りゴールする(バトンを渡す作業が無い)第四走者・アンカー、はそれぞれ役割が異なりますので、分業されていると観ることもできます。
 水泳のメドレーリレーであれば、それぞれの泳者が異なった泳法で泳ぎますので、分業されていると観ることもできます。
 
 一方で、短距離競走における1600mリレーは、各走者が400mトラックを1周しますので分業度合いは小さいと思いますし、水泳のメドレーリレーではないリレー競技であれば、大半の泳者がクロール泳法で泳ぎますので、分業度合いが小さいと思います。

 とはいえ、400mリレー競走やメドレーリレー競泳についても、ベースボールやバスケットボールに比べると、分業度合いはとても小さいので、団体戦であって団体競技ではないと考えた方が良いと思います。

 では、ダブルス競技はどうでしょうか。テニスや卓球に存在する競技形態としてのダブルスです。これは、テニスにしても卓球にしても、2人のプレーヤーの役割分担が存在していますので「団体競技」であると思います。ただし、ベースボールやバスケットボールに比べると、分業度合いは小さいと思います。

 何故、アメリカでは団体競技が生まれ、日本では個人競技が生まれたのか、については、多くの分析を要しますし、地理的条件、民族性、文化といった話にまで入り込むことになりますので、ここでは深くは追及しません。
 
 我が国起源のスポーツは、前述の通り「武道の流れをくむ」競技が多いので、どちらかというと「個人の修練のための競技」といった趣が強いのではないかと思います。また、その精神性の高さが、柔道や剣道を世界的なスポーツに引き上げている要素であるとも思います。

 一方で、アメリカ起源のスポーツは「みんなで楽しむ」ことを主目的として生まれ、発達してきたのでしょう。基本的にアミューズメント・エンターテイメントとしてのスポーツなのです。

 アメリカでは、団体競技が生まれ、MLB、NFL、NBA、NHLの4大プロスポーツを筆頭として、全国で花盛りです。団体でプレーするのは、プレーヤーだけではありません。観客も、例えばMLBポストシーズンゲームにおける、観客全員が同じタオルを振っての応援は、4万人以上の観客が同時に行う動きですので、大変な迫力ですし、観客全員がとても楽しそうに見えます。「見事な団体プレー」です。エンゼルスのラリーモンキーなど、チーム毎に特徴ある団体応援を繰り広げているわけです。
 NBAでも、ゴール裏の観客のフリースローを投げにくくするための動きは、どのホールでも見られることです。NBAの観客も、団体プレーを積極的に展開します。

 こうした行動を見ると、アメリカの人達は、プレーヤーとしても観客としても団体スポーツが大好きであると判断できます。個人主義の国といわれるアメリカですが、スポーツを見る限り、団体プレーの国であることは間違いありません。

プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031