FC2ブログ
HOME   »  卓球2020・東京オリンピックの代表決まる
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 1月6日、日本卓球協会が東京オリンピック2020の男女日本代表候補者を発表しました。
 今後、日本オリンピック委員会=JOCに推薦され、正式に決まることとなります。

[男子シングルス代表]
・張本 智和選手(16歳、世界ランキング5位*)
・丹羽 孝希選手(25歳、世界ランキング15位)
*代表選考の基準となる2020年1月の世界ランキング(1月2日発表)上位2選手

[男子団体代表]
・水谷 隼選手(30歳、世界ランキング16位)

[女子シングルス代表]
・伊藤 美誠選手(19歳、世界ランキング3位)
・石川 佳純選手(26歳、世界ランキング9位)

[女子団体代表]
・平野 美宇選手(19歳、世界ランキング11位)

[混合ダブルス代表]
・水谷隼選手と伊藤美誠選手のペア

 男女ともにシングルスの代表は、選考基準通りでした。
 注目されていた「3人目の代表」についても、世界ランキングで国内3番手の水谷選手と平野選手が選出されましたので、順当な選考結果と言って良いのでしょう。

 ご承知のように、3人目の代表選手は、団体戦でのダブルスをプレーすることになりますが、もし水谷選手と丹羽選手がペアを組むとなると、ダブルスでは不利な「左利き・左利き」のペアとなることから、別のプレーヤーの選出もあり得ると言われていました。

 一方で、出場選手の世界ランキングを参考に作成される「組合せ」においては、ランキング上位の水谷選手をチームに加える方が、日本にとって有利という見方もありました。
 また、水谷・丹羽ペアは、既に国際大会において好成績を収めてきたのです。

 こうした諸要素の検討はもちろんのこととして、何より、チームリーダーとしての水谷選手の存在が大きかったのであろうと感じます。

 オリンピックともなれば、順調に勝ち進むのは至難の業であり、何度もチームがピンチに陥ることでしょう。
 その際の「精神的支柱」となるプレーヤーが必要なのです。それは、どのスポーツにおいても共通しています。
 東京オリンピック2020の男子代表チームの「柱」は、水谷選手なのであろうと思います。

 女子の3人目は平野選手でした。
 これは、実力から観て順当でしょう。ダブルスの実績はもちろんとして、シングルスの2枠目を石川選手と激しく争った地力は、日本代表に相応しいものです。

 混合ダブルス代表ペアについては、当初の予定より早く、同時発表となりました。
 水谷×伊藤ペアは、相当に強いペアだと感じます。

 東京オリンピック2020に臨む「卓球日本」の代表が決まりました。
 代表選手の皆様の、本番での大活躍が期待されます。

 それにしても、日本国中から注目された、本当に熾烈な代表争いでした。

スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031