FC2ブログ
HOME   »  嘉納治五郎
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 1882年・明治15年、嘉納治五郎が東京府下谷の永昌寺の書院12畳を道場として「講道館」を設立しました。この年が、現在の柔道のはじまりとされています。

 武士が生まれ、戦闘のための武芸が行われるようになったのは12世紀頃からといわれていますが、戦国時代が終わって江戸時代に入り、武芸・武術のひとつとして柔術が発達しました。柔術には、種々の流派が生まれ、幕末には百を超えていたといわれています。

 学習院講師だった嘉納治五郎が、天神真楊流柔術や起倒流柔術の技を中心に創り上げた格闘技が「柔道(講道館柔道)」です。
 嘉納は、自らの提唱する格闘技を「柔道」と名付けましたが、当初の講道館は新興柔術のひとつでしたので「嘉納流柔術」と呼ばれることもあったようです。

 さて、講道館柔道が嘉納により創られたとはいえ、数ある柔術の中で後発の講道館柔道が、どうして日本中そして世界中に普及し、人気スポーツとなったのでしょうか。
 以下のような理由が考えられます。

① 警察官の必修科目となったこと
 嘉納治五郎の著書によると、1888年・明治21年頃に行われた警視庁武術大会で、他の柔術流派との対戦に勝利したことを受けて、当時の三島警視総監が日本伝講道館柔道を警視庁の必修科目としたことから、全国の警察にも広がったと言われています。
 警察官の必修科目になったことは、講道館柔道の日本国内への普及にとって、大きな力となったことは間違いないでしょう。現在でも、柔道か剣道が、日本の警察官の必修科目となっています。

② 学校教育の科目に取り入れられたこと
 前述の警察への導入の影響があったのかどうかはわかりませんが、1898年・明治31年に、旧制中学の必修科目として講道館柔道が取り入れられました。
 太平洋戦争後は、1950年・昭和25年に新制中学の選択科目に組み入れられ、1953年・昭和28年の学習指導要領に柔道・剣道・相撲が「格技」として位置付けられ、正課の授業に組み入れられました。こうした、戦後の文部省による取組の影響は大きく、全国の中学校に普及しました。

③こうした警察・学校での普及により、柔道の指導者となりうる人材の数は飛躍的に増えたものと考えられます。この沢山の指導者が、戦後の世界中への普及の力となったことは間違いないでしょう。

④前述のような体制面の対応・確立が、日本国内・世界中への柔道の普及・拡大の大きな要因であったことは確かですが、本ブログでこれまで採り上げてきた他のスポーツと同様に、普及・拡大には、もうひとつの要素が必要です。それは「面白いこと」です。プレーヤーも観客も、両者が面白いと感じ、人気が出なければ、そのスポーツは発展しません。

 では、講道館柔道の何が面白かった、あるいは面白いのでしょう。私の考えでは、「投げ技」と「固め技」のバランスが絶妙である点が、最大のポイントだと思います。講道館柔道は、古来の柔術の中から「投げ技」は起倒流から、「固め技」は天神真楊流から、主に取り入れたとされていますが、特に「投げ技」の導入効果が大きかったと思います。

 現在の柔術の試合を観ていると、技の掛け合いの様子が良く解らないケースがあります。2人のプレーヤーが寝技の掛け合いを行っているシーンなどは、テレビ画面で大写しにしてくれれば、何をしているのか多少は判りますが、会場でやや遠くから観ていると、角度が良くない場合などは全く見えません。一部の専門家やマニアには面白いものでも、一般の人達に理解されない・解りにくいスポーツは、なかなかメジャーにはなりません。

 これに比べれば、講道館柔道は、プレーヤー2人が立った状態で試合が始まり、まずは「投げ技」の応酬となるので、視覚面から観客に判り易いのです。加えて、投げ技が決まった時も判り易い。投げ技から固め技としての「寝技」や「関節技」への移行も、判り易いと思います。
 プレーヤーの立場からも、「投げ技」は爽快感を伴うプレーだと思いますし、普段のトレーニングも面白いものでしょう。

 講道館柔道がその本質として持っている「面白さ」が、普及・拡大の最大の要因であったと思います。

⑤これに加えて、嘉納治五郎が掲げた「精力善用」「自他共栄」の考え方は、日本古来の武術に共通した理念を文字にしたもので、単なる勝利至上主義ではなく、心身の鍛練を目的として掲げていますから、この深い精神性も、特に海外への普及の一助となったものと思います。

⑥さらに、海外での普及の要因として考えられるのが「簡易な用具」です。柔道の用具といえば「道着」と「畳」ですが、各地での普及活動の当初段階であれば、正式なものが必須というわけではありません。用具が簡易というのは大切なポイントです。

 最近国際化が進んでいる剣道の普及スピードが、柔道に比べて遅いのは「剣道には重装備が必要」で、特に開発途上国では費用面で厳しいのでしょう。用具のコスト面を除けば、剣道と柔道の普及のための条件の充足状況は似ていますから、簡易な新素材の防具でも開発されれば、剣道は飛躍的に世界中に広まると思います。
 剣を模した竹刀を持って、対戦相手を切る・突くというスポーツは、世界中のプレーヤーにとっても観客にとっても、とても面白いものであることは間違いありません。


スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031