FC2ブログ
HOME   »  夏の甲子園2017・満塁ホームランの応酬
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
[8月19日・大会11日目]
盛岡大付12-7済美

 5回の攻防において、99回の大会の歴史上初のシーンが観られました。

 5回表盛岡大付属高校は、2-2の同点として、満塁で6番の小林選手が打席に入りました。
 小柄な二塁手の小林選手ですから、ヒットが期待される場面でしたが、高々と放った打球はレフトスタンドに跳ねました。
 満塁ホームラン!
 ホームランが多い今大会でも、初の満塁弾でした。

 5回裏、2-6と4点のリードを許した済美高校は満塁と攻め立て、打席には5番の吉岡選手。ここは2点でも3点でも返しておきたいところでしたが、低めの変化球をジャストミートした打球はバックスクリーンに飛び込みました。
 満塁ホームラン!

 1試合2満塁ホームランは、大会史上初めてのことですが、その2本が、5回の表裏に飛び出したのです。凄いとしか言いようがない攻防でした。
 試合は6-6の振り出しに戻ったのです。

 済美高校は7回裏、宇都宮選手のレフトスタンドへのホームランで7-6と勝ち越しました。

 9回の表を迎えて、さしみの「打ち合い」もここまでかと思いましたが、盛岡大付3番の植田選手が左中間にホームランを叩き込みました。
 
 ホームランでリードされた1点を、ホームランで追い付くという、凄まじい展開となったのです。

 10回表盛岡大付は1点を挙げて8-7とリードしました。
 これで10回裏の攻防となるのが「普通の延長戦」でしょう。
 ところが、ランナーを2人置いて3番の植田選手が、2打席連続・2イニング連続のホームランを放ったのです。
 センターバックスクリーンの深部に叩き込む、とても大きなホームランでした。

 試合前、両チームの監督が「7、8点勝負」「8-7、9-8で勝利したい」といった「打ち合いの展開」を予想していました。
 そして、試合はその通りの展開となり、9点を超える得点を挙げた盛岡大付が勝利したのです。

 そもそも「9-8の試合を予想すること」も異例な感じがしますが、その通りの展開となるのですから凄いものです。

 両チーム合わせて5本のホームランが飛び出し、満塁ホームランが2本。
 第99回大会を象徴する試合だったのでしょう。
 
スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031