FC2ブログ
HOME   »  夏の甲子園2019・活躍が期待される10チーム
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 8月3日、組合せ抽選会が開催されました。

 第101回全国高等学校野球選手権大会=夏の甲子園2019は、出場各チームの実力伯仲の大会という印象です。
 
 地方大会で、「出て来れば強い」という、甲子園球場で勝ち慣れたチームが次々と姿を消したことも、こうした混戦模様の大きな要因となっているのでしょう。
 大阪大会で大阪桐蔭チーム、愛知大会で中京大中京チーム、京都大会で龍谷大平安チームが敗れたのです。
 いずれも「常連チーム」であり、本大会となれば「名前だけで相手チームに圧力を与える」チームでしょう。今大会も、どのチームも地方大会を十分に勝ち抜く力を具備していたと感じますが、よもやの敗退を演じたのです。やはり、地方大会のベスト16から準決勝にかけての試合は、「何が起こるか分からない」ということなのでしょう。

 さて抽選会の結果ですが、全体としては「有力と目されるチームがばらけた」印象です。
 強豪同士の緒戦も、もちろん例年通り有るのですが、その数は例年よりは少ないのではないでしょうか。

 さて、活躍が期待される10チームです。

① 東海大相模
② 星稜
③ 花咲徳栄
④ 履正社
⑤ 前橋育英
⑥ 習志野
⑦ 聖光学院
⑧ 作新学院
⑨ 花巻東
⑩ 佐賀北

の10チームにしました。

 第一順位とした東海大相模チームは、神奈川大会決勝の「猛打」が強烈でした。調子を上げているのでしょう。
 大混戦の中で、まずは挙げておきたいチームです。

 星稜は、奥川投手を中心とした「安定感」が抜群です。チームとしての完成度が上がっていると見ています。

 花咲徳栄は、埼玉大会における、こちらも「安定感」が見事でした。甲子園の強豪校に成長しつつあります。

 履正社は、激戦の大阪大会を制しました。その地力は折り紙つきでしょう。

 前橋育英は、「甲子園に出て来れば強い」チームのひとつです。大混戦の大会では見逃せないチームです。

 習志野の千葉大会における勝ち上がりは、近年では最も安定していたように感じます。伝統の「粘り強さ」を発揮していただきたいものです。

 聖光学院は、「連続出場記録」を塗り替え続けています。福島では無敵なのです。そうした中、今年のチームはあまり騒がれていません。実はこうしたチームが、「積み上げた実績」を背景に「悲願を達成する」可能性が有ると見ます。

 作新学院も「出て来れば強いチーム」のひとつです。

 花巻東は、あの佐々木投手を擁する大船渡を破って登場します。史上初めて東北に真紅の大優勝旗を持ち帰るとすれば、このチームではないでしょうか。

 佐賀北は、ご存じのように「出て来れば強い」、それも不思議な強さを発揮するチームでしょう。今大会も「旋風」を巻き起こしてくれるかもしれません。

 結果として、関東地区にやや偏った選定となりました。
 「大混戦」が予想される中で、熟慮を重ねた結果ですので、ご容赦ください。

 個人的には、飯山、誉の初出場2チームと、日本文理、そして古豪・広島商の4チームの戦いをとても楽しみにしています。
 思い切ったプレーを魅せていただけることでしょう。

 第101回大会は8月6日に開幕します。

スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031