FC2ブログ
HOME   »  夏季オリンピックの開催時期について
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 1964年10月10日に開幕し10月24日まで行われた東京オリンピック1964から50年が経とうとしています。
 「50年記念」のイベントやテレビ番組が続々と企画・開催・放送されています。2020年に2度目の東京オリンピックを開催する我が国にとって、ひとつの節目の時期であることは、確かなことでしょう。

 本ブログでも思い付くまま?に、テーマを採り上げて行きたいと思います。

 第一回は、開催時期です。

 前述のように、1964年大会は10月に開催されています。最近の夏季オリンピックは「夏休み時期・7~8月」に開催されている印象がありますから、1964年大会は少し遅い時期・秋の開催だったことになります。

 戦後のオリンピックの開催時期を見てみましょう。(東西陣営が各々参加しなかった大会を除きます)

① ロンドン大会 1948年7月29日~8月14日
② ヘルシンキ大会 1952年7月19日~8月3日
③ メルボルン大会 1956年11月22日~12月8日
④ ローマ大会 1960年8月25日~9月11日
⑤ 東京大会 1964年10月10日~10月24日
⑥ メキシコシティ大会 1968年10月12日~10月27日
⑦ ミュンヘン大会 1972年8月26日~9月11日
⑧ モントリオール大会 1976年7月17日~8月1日
⑨ ソウル大会 1988年9月17日~10月2日
⑩ バルセロナ大会 1992年7月25日~8月9日
⑪ アトランタ大会 1996年7月19日~8月4日
⑫ シドニー大会 2000年9月15日~10月1日
⑬ アテネ大会 2004年8月13日~8月29日
⑭ 北京大会 2008年8月8日~8月24日
⑮ ロンドン大会 2012年7月27日~8月12日
⑯ リオデジャネイロ大会 2016年8月5日~8月21日(予定)
⑰ 東京大会 2020年7月24日~8月9日(予定)

 となっています。

 まず、東京1964の開催時期は秋10月という「スポーツを行うには格好の時期」でしたから、昔のオリンピックは秋に開催され、近時になるに伴い「観客動員力やテレビ視聴率向上」の観点から、夏休み開催になっていったのかと思いましたが、それは違いました。

 南半球のメルボルン大会・シドニー大会は気候の違いから時期が異なるとして、北半球で開催された大会は、1948年ロンドン大会から7月~8月の開催となっていて、どちらかというと、1964年東京大会と1968年メキシコシティ大会の10月開催が例外的であることが分かります。

 そして、その他にも1960年ローマ大会や1972年ミュンヘン大会、1988年ソウル大会のように、微妙に開催時期が「7~8月からずれている大会」も存在します。

 じっくりと観ても、開催時期についての明確なルールは無いように見えます。開催国・開催都市が運営し易く、開催国の国民が存分に楽しめる時期の中から、世界中から来訪する観客にとっての便の良さや、テレビ視聴率の向上といった要素を加味して、決められているのでしょうか。

 2016年のリオデジャネイロ大会、2020年の東京大会の開催時期も既に決まっています。

 南半球のリオデジャネイロの気候については肌感覚として分かりませんが、2020年7月24日~8月9日の東京は「相当暑い」ことでしょう。

 冷房装置が使用できる屋内競技はともかくとして、屋外競技、特に陸上競技のマラソンや20km・50km競歩種目などは酷暑の中のレースとなりそうです。選手にとっては、1964年大会のように10月下旬の方がプレーし易かったことでしょう。
 
 オリンピックが巨大化して行く過程で、開催時期は「選手のプレーし易さより、観客の見易さに重きを置いて決められるようになってきた」という訳では無く、「1948年から夏休みの時期に開催されるのが常態であったこと」が、不思議といえば不思議なことだと感じます。

 東京オリンピック2020も、我が国が最も暑い時期に開催されるのです。
スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930