FC2ブログ
HOME   »  大相撲11月場所
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 11月7日の当ブログで、11月場所で活躍が期待できる力士10名を掲載しました。11月場所の15日間を振り返って、総括したいと思います。

・白鵬 14勝1敗 優勝
・稀勢の里 10勝5敗
・妙義龍 6勝9敗
・豊ノ島 11勝4敗
・臥牙丸 8勝7敗
・常幸龍 6勝9敗
・高安 5勝10敗
・安美錦 7勝8敗
・栃煌山 10勝5敗
・旭天鵬 10勝5敗

 10名中、勝ち越しが6名、平均9.4勝5.6敗でした。勝ち越した力士が少ないことは残念ですが、平均勝ち星で観るとまずまずの成績でした。

 優勝は、横綱白鵬でした。四つ相撲だけではなく、カチ上げから突いて出る相撲も物にして安定した15日間でした。これで23回目の賜杯。前稿にも記しましたが、20回を超える優勝を誇る大横綱の中で、大鵬・千代の富士を目指していける体制が構築できたのかもしれません。

 新横綱の日馬富士は、今場所は前に出る力が不足していて、大関時代の良くない場所並みの成績9勝6敗に終わりました。横綱の9勝6敗は、朝青龍や白鵬の成績と比較すると物足りないものですが、前稿にも記しましたように、この二人の先輩モンゴル人横綱の成績がスバ抜けているのであって、それ以前の横綱の成績と比較すれば、横綱として初めて臨んだ場所でもあり、決して驚くには当たらないものです。
 今場所の日馬富士は、おそらく右足首の調子が悪かったのだと思います。スピードで勝負する力士が、スピード不足では勝負になりません。コンディションを整えて、来場所の反攻に期待したいと思いますし、故障が回復すれば優勝できる力が十分にあることは、二場所連続全勝優勝で証明されています。心配ないと思います。

 大関稀勢の里は二桁勝利を挙げましたが、物足りなさも残りました。下位力士との取組での取りこぼしも残念でしたし、白鵬との取組の内容も残念至極でした。
 立ち合いの際に、両足を仕切り線に平行になるように広げるのは、鳴門部屋の力士の特徴ですが、前にも書きましたように、この形では少しでも立ち合い負けすると押し込まれてしまいます。稀勢の里は、その圧倒的な腕力で、押し込まれた後から反撃が可能ですが、慌てることも多く、取り零してしまいますし、白鵬戦のように一方的に押し出されるケースも出てきます。もう少し、立ち合いで強く当たるように出来れば、横綱が近づいてくるように思います。

 関脇妙義龍は、前半の出来が悪かったことが響いて負け越しました。過去2場所に比べて、明らかにスピード不足でした。相手力士より先に先に攻めるスピードが無いと、この体力でこの番付では苦しいところです。もうひとりの関脇豪栄道が11勝の好成績を挙げましたが、こちらは、近年にないスピード溢れる相撲でした。関脇以下の力士が、横綱・大関陣と互角以上の成績を残していくには、「圧倒的なパワー」か「圧倒的なスピード」が必須ですが、現在の関脇・小結陣は後者で勝負していくしかありません。やはり、コンディションの維持・向上が大切です。

 豊ノ島は、その実力を如何なく発揮できた場所でした。相性が良い11月場所ということもあってか、独特の体の動きとスピードが復活しました。嘉風戦と千代大龍戦のどちらかを物にしていれば三賞もあったかもしれません。 それにしても、14日目までに10勝していて、番付からして通常は当たらない横綱・大関との取組も組まれた力士に、三賞が授与されないのは、先場所に引き続いて如何なものかと思います。力士のやる気を醸成する対応も必要なのではないでしょうか。豊ノ島が、この番付なら好成績も当たり前というのでは、アンフェアな考え方でしょう。

 臥牙丸は勝ち越しました。立派な15日間だったと思います。取り口が憶えられた感じですが、それでも勝ち越しました。14日目の取組で、おそらく左肩を痛めました。年末年始でキッチリ治していただき、来場所の活躍に期待したいと思います。

 常幸龍は、幕内の壁にぶつかりました。十分克服できると思っていましたが、組むでも無く、押すでも無い取り口で勝ち星を挙げるには、少し前に出る圧力が不足していました。コンディションが悪かったのでしょうか。立ち合いを磨いて、まわしを取る方法を研究すれば、十分通用すると思います。

 高安は、場所前の稽古では絶好調と報道されていたのですが、場所入り後は前に出る圧力が不足している上に、何か「軽い」感じでした。場所入り直前に、下半身に故障でも発症したのかもしれません。いずれにしても、鳴門部屋力士の共通点である、押されやすい相撲の改善が大切です。立ち合い後に腰で押し込む形を、身につけたいものです。

 安美錦は、その持ち味は発揮しましたが、豪栄道、栃煌山、松鳳山との取組で全敗したのが響きました。十分なサイズと相撲の上手さを身に付けている力士ですので、巻き返しは十分に可能だと思います。

 栃煌山は、前頭筆頭の番付として十分な活躍でした。あとは、旭天鵬戦に観られるように、素早く左右に動かれたときに、付いていけないところがあります。スピードも十分な力士としては、不思議なところですが、サッと動かれると相手力士と離れてしまうのです。体を密着させることは、相手に力を出させない点からしても重要な手法です。前に出るパワーは身に付いてきていると思いますので、「心配せず」体を寄せていけば、来場所・三役の場所でも、十分に活躍できると思います。

 旭天鵬の10勝は、見事の一語。これで、今年6場所の内3場所で10勝以上の勝ち星を挙げたことになります。38歳にして、力量が向上しているように観えます。素晴らしいとしか言いようがありません。
 14日目まで、白鵬と共に優勝を争いました。番付からして、当たらないはずの力士との取組が組まれ続けましたが、三賞は与えられませんでした。14日目の取組が終わった後の「疲れました」というコメントに、旭天鵬の思いが表れています。幕内最年長力士に、優勝争いの重責を担わせ、大関戦他を組むのであれば、三賞で報いるべきだと思います。まさか、今年優勝しているから三賞は不要と考えているわけではないと思いますが。
 いずれにしても、旭天鵬関、今年はお疲れ様でした。大変面白い相撲を魅せていただき、本当にありがとうございました。

 11月場所は、初日・二日目の客入りの悪さから、興行面が心配されましたが、7日目あたりから客足も上向きました。
 全体としては、面白い取組も多くありましたので、大相撲の再興は進んでいるようにも思います。現在の土俵は、関脇から幕の内上位にかけての力士の力量が高く、面白い取組が生まれていることによって支えられているようにも思います。

 2012年の大相撲は幕を下ろしました。平幕旭天鵬の優勝や、新横綱日馬富士の誕生に代表される、変化に溢れエンターテイメント性十分な年でした。
 来年は、日本人横綱と、生きの良い新入幕力士の誕生に、期待したいと思います。
スポンサーサイト



 大相撲11月場所は、11日から始まります。新横綱日馬富士が横綱として、どのような取り口をみせるのか、注目です。
 さて、場所前の恒例として、今場所活躍しそうな力士を考えてみます。

1. 基準とする考え方
① 横綱・大関との対戦の有無→去る9月場所は、3大関が早々に休場しましたので、いつもの場所とは異なる形になりました。前頭8枚目の隠岐の海、同9枚目の高安、同11枚目の旭天鵬まで大関戦が組まれましたので、あまり参考になりませんが、前頭東4枚目で横綱・大関戦3取組、西4枚目で同1取組でしたので、今場所は前頭4枚目までは横綱・大関戦有り、5枚目以下は無しとします。
② 番付が大きく下がった力士は戦いやすく、大きく上がった力士、特に①のラインを越えて上がった力士は、中々勝ち星を積み上げにくいことになります。

2. 優勝争い
 先場所と同様に、白鵬と日馬富士の優勝争いとみるのが妥当でしょう。
 横綱白鵬は、2場所連続で優勝を逃したとはいえ、いずれも準優勝で、千秋楽まで優勝争いをしていますから、安定感は抜群です。
 一方、新横綱日馬富士は、2場所連続全勝優勝の後も元気いっぱい。稽古場での良い動きが報じられています。とはいえ、横綱就位に関する沢山の行事への参加の負担を考えれば、先場所に比べて稽古不足はいたしかたないところ。両横綱の比較では、今場所は、やや白鵬に分があると考えます。
 但し、このところ優勝を逃している白鵬と新横綱日馬富士ですので、両横綱以外から優勝力士が出る可能性は、先場所より高いと思います。

3. 大関陣
 大関陣の中で最も期待できる力士を観てみましょう。先場所休場した3大関の回復状況についての詳細な情報はありませんので、休場しなかった稀勢の里と鶴竜を候補とします。大関の地位にようやく慣れてきて、先場所11勝を挙げた鶴竜に安定感を感じますが、日本人力士を代表する稀勢の里の気迫も楽しみです。
 難しいところですが、昨年大関昇進を決めたゲンの良い11月場所ということで、稀勢の里に期待したいと思います。日本人横綱誕生への足掛かりとなる準優勝レベルの活躍が望まれます。
 
4. 好成績が期待できる力士
・妙義龍
 先場所は、初の関脇で少し家賃が高いかなと思いましたが、堂々の10勝。このところの安定感と技能の高さは、次代のエースという感じです。故障なく取れれば、引き続き好成績が期待できます。
・豊ノ島 
 3場所連続の負け越しで、前頭6枚目まで下がりました。最近の取り口は重心が高く、得意の粘り強い取り口が展開できないでいますが、地力は三役クラス。ライバルの豪栄道や栃煌山が三役・上位で頑張っています。横綱・大関戦の無い番付ですから、久しぶりの大勝に期待しています。
・臥牙丸
 先場所は、前頭二枚目で4勝11敗。上位の壁に跳ね返された形です。横綱・大関戦は、2勝(1不戦勝)5敗。今場所は、横綱・大関戦が無い7枚目まで下がりました。7月場所・7枚目で10勝5敗、1月場所・10枚目で12勝3敗でしたから、活躍が期待できます。
・常幸龍
 史上最短の9場所で幕内に上がった、佐久間山あらため常幸龍。その新人離れした取り口は迫力十分です。幕内下位で対戦が予想される力士は、十両で取組経験がある相手が多いので、土俵上で怯むことなく戦えるでしょう。昇り龍の勢いに期待します。

5. 好成績の可能性がある力士
・高安
 先場所は前頭9枚目で10勝5敗の好成績。4枚目に上がりました。横綱・大関戦が組まれると思いますが、実は先場所も大関日馬富士との取組が組まれた上での成績でした。伸び盛りの勢いに期待します。
・安美錦
 先場所は前頭4枚目で10勝 5敗の好成績。小結に上がりました。先場所は3人の横綱・大関との取組で、稀勢の里に勝ち、白鵬・鶴竜に敗れて1勝2敗。今場所は全7人との取組が組まれると思いますが、横綱・大関と互角にやれるのが安美錦の良いところ。ケガから回復途上の大関が相手であれば、白星の積み上げも期待できます。
・栃煌山
 先場所は前頭5枚目で9勝6敗の好成績。前頭筆頭に上がりました。栃煌山は、三役に上がると大敗し、大きく番付を下げて、前頭の中下位で大勝ちして上がる、を繰り返しています。
 とはいえ、同じような時期に幕内に上がってきた安馬(日馬富士)が横綱になりましたので、そろそろこの繰り返しからの脱却が望まれます。元来器用なため、前さばきで相撲を取ろうとしますが、その際に腰が引けているので、一気に押されてしまうパターンで負けてしまいます。もろ差しから押し込んだ時の強さを観ると「前に出ながら前さばきの良さを発揮」出来るようになれば、もっと勝てるように思います。
・旭天鵬
 先場所は、前頭11枚目で10勝5敗の好成績。それも9連勝の後、10日目に大関鶴竜との取組を組まれての好成績ですから立派なもの。今場所は前頭6枚目に上がりましたが、原則として横綱・大関との取組は無い地位であること、5月場所で優勝した時が前頭7枚目であったこと、そして元気いっぱいで年齢からくる衰えが見えないことから、好成績を期待します。

 先場所小結から、今場所前頭5枚目に下がった碧山や同13枚目に下がった若荒雄も気になりますが、広げるとキリが無いので、今場所は上記の10人に期待したいと思います。

 以上、筆者の勝手な見方で恐縮です。
 久しぶりに東西に横綱が揃った場所です。先場所休場の三大関復活の場所でもあります。そして、優勝争いに意外な展開があるかもしれません。
 大相撲の通算優勝回数記録というと、大鵬が32回、千代の富士が31回という具合にいつも話題になります。念のため、年間6場所制になった1958年・昭和33年以降の歴代上位の記録を記述します。

1. 大鵬関 32回
2. 千代の富士関 31回
3. 朝青龍関 25回
4. 北の湖関 24回
5. 貴乃花関 22回
  白鵬関 22回 (現役)
7.輪島関 14回
8.武蔵丸関 12回
9.曙関 11回
10.北の富士関 10回

 この中で、優勝20回以上の横綱が、通常、大横綱と呼ばれています。

 上記、1~5までの引退した5名の大横綱ですが、30回を超えている大鵬と千代の富士を除くと、不思議な共通点があります。それは「優勝20回を超えると、優勝確率が急減する」というものです。

 例えば、貴乃花について観てみましょう。貴乃花は、18歳になった1992年に平幕と小結で計2回優勝してから、1998年までの7年間・42場所で20回の優勝を積み重ねました。貴乃花は1998年には24歳です。過去7年間で、5割近い優勝確率を実現していて、まだ24歳ですから、仮に30歳で引退するとしても、残り6年間・36場所で、例えば3場所に1回優勝するとして、12回は優勝できるのではないか。そうすると、通算32回となり、大鵬の記録に並ぶかもしれない、或いは追い抜くのではないか、と考えられました。
 しかし、実際には1998年20回目の優勝を果たして以降は、怪我にも悩まされ、2001年の2回の優勝に留まり、優勝回数合計は22回でした。

 北の湖はどうでしょう。北の湖は、20歳の1974年1月場所で関脇として初優勝して以来、1980年までの7年間・42場所で20回の優勝を積み重ねました。1980年の北の湖は27歳ですから、仮に30歳で引退するとしても残り3年間・18場所で、例えば3場所に1回優勝するとして、6回は優勝できるのではないか。ひょっとすると、トータル30回まで伸ばせるかもしれないと思いましたが、翌1981年以降は怪我にも悩まされ、4回の優勝に留まり、優勝回数合計は24回でした。

 朝青龍はどうでしょう。朝青龍は2002年11月場所に大関で初優勝して以来、2003年~2007年の5年間・30場所で20回の優勝を積み重ね、優勝回数を21回に伸ばしました。この時、朝青龍は27歳でした。過去5年間で7割近い確率で優勝してきたのですから、仮に30歳で引退するとしても残り3年間・18場所で、例えば2場所に1回優勝するとして、9回は優勝できるのではないか。ひょっとすると、トータル32回の大鵬の記録に並ぶところまで伸ばせるかもしれないと思いましたが、後輩横綱白鵬の成長もあり、2008年~2010年の優勝は4回に留まり、一連の事件の責任を取る形で2010年に引退に追い込まれました。優勝回数合計は25回でした。
 
 優勝20回というのは、前例を見ると少なくとも5年以上の歳月を要しますので、その間に他の力士の力量が向上し、相対的な優位性が低下することや、その間の故障の発生・悪化など、種々の要因が考えられますが、前述の3人の大横綱は、若くして横綱の地位に上り、連続優勝を重ね、大鵬の記録に迫るであろうといわれながら、優勝20回を超えたあたりから、急に優勝頻度が下がりました。
 偉大な大横綱の力量をもってしても、横綱という地位・責任の重さは、私たちが考える以上に負担が大きく、知らず知らずのうちに肉体的・精神的な疲労が蓄積するものなのかもしれません。

 とはいえ一方で、大鵬と千代の富士という、30回以上の優勝を誇る2人の大横綱も存在しますので、「優勝20回を超えると、優勝確率が急減する」という法則?は、必ずしも全ての大横綱に当てはまるものではないのでしょう。

 優勝20回を超える現役の大横綱・白鵬は、どうなのでしょう。2006年に初優勝し、2007年~2011年の5年間・30場所で20回の優勝を積み上げています。この間の優勝確率は、朝青龍に並ぶ7割近いものです。一方で今年2012年は、優勝1回に留まっています。
 現在27歳の白鵬が、この法則?を超えていけるのかどうか、11月場所がひとつの試金石となります。
 
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031