FC2ブログ
HOME   »  大相撲2014年7月場所の注目力士10名
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 愛知県体育館を会場として、7月13日から行われる大相撲7月場所の注目力士検討です。カド番の大関琴奨菊、2場所目となる横綱鶴竜、帰り小結の安美錦、前頭三枚目まで上がってきた大砂嵐、帰り入幕・前頭16枚目の若の里、等々見所満載の場所です。

1. 横綱

 新横綱就任に関する狂騒?も一服したであろう鶴竜関の活躍が楽しみですが、今場所も白鵬関に注目したいと思います。
 歴代3人目となる30回目の幕の内最高優勝に向けて、白鵬関の取り口が楽しみです。安定感では3横綱というか角界随一、加えて、近時は左上手に拘らない多彩な取り口が目立ちます。

 日馬富士関は、下半身の故障が中々完治しない様子。暑い気候は、故障には良いかもしれません。

2. 大関

 やはり稀勢の里関に注目します。先場所は13勝2敗の好成績でした。一皮剥けたかなという感じがしますが、今場所13勝以上を続けることが出来るかどうかは注目でしょう。もし、14勝以上の成績で優勝するようなら、一気に横綱昇進もあるかもしれません。
 日本出身力士の優勝を、是非見せていただきたいと思います。

 琴奨菊関は、故障からの回復度合いがポイントです。相当良くなっていれば、カド番など問題なくクリアできるでしょう。

3. 関脇以下の力士

① 栃煌山関

 このところ全体の3番目に栃煌山関を挙げることが多くなっています。それは、実力が付いて来ていると見ているからです。先場所も10勝5敗。いわゆる取りこぼしも目立ちますので、しっかり取れば11勝12勝の可能性は十分です。

 もし今場所優勝するようなら、一気に大関昇進もあります。その力は、十分に有ると思います。何しろ2006年1月場所で栃東関が優勝して以来8年半の間、最も優勝に近づいた日本出身力士(2012年5月場所、旭天鵬関との優勝決定戦ではたき込まれました)ですから。

② 豪栄道関

 栃煌山と並ぶ関脇。関脇在位の記録を伸ばし続けています。先場所は大関取りが期待されましたが、序盤から「前に出る力が不足」していました。場所前の調整に失敗したのかもしれません。
 今場所はその轍は踏まないと思います。もともと前捌きの上手さは定評があるところです。きっちり前に出ることで、脇の甘さをカバーできれば二桁勝利は難しくないでしょう。

③ 遠藤関

 負け越しが続いていますが、毎場所勝ち越しの可能性を感じさせる内容です。そろそろ幕の内上位という番付にも慣れてきたことでしょう。乱暴なというか豪快な相撲に弱いところがありますが、相手力士のクセも徐々に掴んできていることでしょう。得意の「密着相撲」に持ち込める取組が増えていると思います。今場所は、二桁勝利で勝ち越していただきたいものです。

④ 隠岐の海関

 三役クラスの地力有りと多くの人が認める実力者が、前頭13枚目まで下がりました。ここまで来れば、力の差を見せて欲しいものです。このままズルズルという訳にもいきません。勝負の場所でしょう。

⑤ 旭天鵬関

 先場所3勝12敗と大きく負け越して番付を12枚目まで下げました。この辺りが、旭天鵬関が最も大勝ちできる番付です。加齢による衰えを指摘する声もありますが、まだまだ元気だと思います。暑いのは得意なのではないでしょうか。

⑥ 妙義龍関

 先場所序盤は、どこか故障しているかのような内容でしたが、後半盛り返して何とか勝ち越しました。前に出る力が強い上に相撲が上手いというタイプですし、関脇経験者でもありますから、コンディションが良ければ大勝ちが期待できます。

⑦ 宝富士関

 先場所は4勝11敗と不本意な成績でしたが、取組の随所に力を付けたことを感じさせました。9枚目まで下がりましたから、ここで大勝ちし、再び前頭上位での相撲に挑みたいところでしょう。

⑧ 若の里関

 久しぶりに幕の内で若の里関の相撲が見られるのは、大きな喜びです。カムバック、おめでとうございます。見事です。旭天鵬関共々800勝コンビとして、土俵を掻き回していただきたいと思いますし、大相撲史上に並ぶもの無き800勝対決「旭天鵬VS若の里」の取組がとても楽しみです。

 今場所は、以上の10力士に注目します。

 この他にも、碧山関や勢関、大砂嵐関、千代鳳関などの幕の内上位勢、玉鷲関や照ノ富士関、豊ノ島関の中位勢、高安関や千代丸関などの下位勢と、注目したい力士が目白押しです。

 7月場所も、熱戦が続くことでしょう。
スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031