FC2ブログ
HOME   »  女子ジャンプW杯2018・高梨沙羅選手54勝目
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 3月24日に開催された、2017年~18年スキージャンプ・ワールドカップ女子の第14戦(ドイツ・オーベルストドルフ)で、高梨沙羅選手が1本目100.5m、2本目96.5mを飛んで227.1点を挙げ優勝しました。

 待ちに待った「W杯54勝目」を達成したのです。

 今季絶好調を誇っていたマーレン・ルンビ選手(ノルウェー)は3位でした。

 このところのゲームを見る限り、今シーズンの記録達成は難しいかと感じていましたが、オリンピックの疲れもなんのその、見事な優勝を魅せていただきました。

 高梨選手にとっては2017年2月16日以来1年1ヶ月ぶりの勝利でしたから、この1年1か月の間、高梨選手は、男子のグレゴア・シュリーレンツァウアー選手と共に「ワールドカップ通算53勝」のトップタイに居たわけです。

 当たり前のことを書いて恐縮ですが、これまで世界中の幾多の名ジャンパーが達成できなかった「54勝目」というのは「至高の記録」です。
 
 男子で見れば、シュリーレンツァウアー選手が53勝、2位がマッチ・ニッカネン選手(フィンランド)の46勝、3位がアダム・マリッシュ選手(ポーランド)の39勝となっています。

 女子で見れば、高梨選手が54勝、2位が13勝で3名、ルンビ選手、サラ・ヘンドリクソン選手(アメリカ)、ダニエラ・イラシュコ選手(オーストリア)です。

 こうして見ると、「高梨選手の偉大さ」が良く分かります。
 
 14歳で世界デビューした高梨選手は、既に「空前の記録」を樹立しましたが、まだ21歳です。

 オーベストドルフの2戦目、今シーズンのワールドカップ最終第15戦でも高梨選手は優勝しました。通算55勝目を挙げたのです。
 来シーズンに向けて、とても良い締め括りを魅せてくれました。

 ワールドカップ優勝の一層の記録更新はもちろんとして、オリンピックや世界選手権での大活躍が期待されるところです。
スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930