FC2ブログ
HOME   »  手倉森ジャパン・リオ五輪出場権獲得!
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
[AFC・U-23選手権大会・準決勝]
日本2-1イラク

 劇的な幕切れでした。

 後半のインジュリータイムに入り、このまま延長戦突入かと思われた時、イラクのゴールキーパーが大きく弾いたボールを、ペナルティエリアの外から原川選手が左足でシュート、ボールはイラクゴールに突き刺さりました。
 素晴らしいシュートでした。

 前半26分の久保選手のゴールから試合は動きました。
 このゴールは、左サイドをドリブル突破した鈴木武蔵選手から、素晴らしいセンタリングがゴール前に走りこむ久保選手に供給され、久保選手もこれをきっちりと決めたもの。

 鈴木選手のドリブルのスピード、ラストパスの精度、久保選手の位置取りと走り込むスピード、の全てが高いレベルのプレーでした。

 日本代表チームに求められる多くの要素をクリアした、ワールドクラスのゴールであったと思います。

 ゲームは全体としてイラク代表チームが押し気味でしたし、前半終盤にイラクがコーナーキックからのプレーで同点に追いついてからは、明らかにイラクチームが優位に試合を進めました。

 しかし、「サッカーに優勢勝ちは無い」ことを地で行く試合となりました。
 日本チームは、数少ないチャンスをものにしたのです。

 なかなか世界大会に進出できない世代と言われた現U-23世代は、大きく成長した感があります。
 リオデジャネイロ・オリンピックのアジア最終予選となったこの大会に臨んでからは、極めて勝負強いプレーを継続していますし、

① 高精度で速いセンタリングからの得点
② ミドル・ロングシュートによる得点

 という、「全ての世代の日本代表チームに求められる形の得点」が相次ぎました。
 ドリブルをはじめとする各々のプレースピードも十分なものであったと思います。

 ここに至って、U-23世代は「日本代表チームのあるべき姿」のチームに成長を遂げたのでしょう。
 A代表や他の世代の代表チームの「模範」となるプレーを展開できるチームになったように思います。

 この大会の韓国代表チームとの決勝戦の勝利はもちろんのこと、本番・リオデジャネイロ・オリンピックにおける上位進出も十分に期待できるのではないでしょうか。
スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031