FC2ブログ
HOME   »  日本サッカーの父デッドマール・クラマー
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 「クリアは月まで」というのは、「日本サッカーの父」デッドマール・クラマー氏の言葉です。

 クラマー氏は、1964年の東京オリンピックに向けて日本サッカー強化のために、1960年にドイツから招聘された指導者です。
 それまで、世界のサッカーの情報が乏しく、相当に後れを取っていた日本サッカーを、短期間で世界レベルにするために、日本サッカー協会が招いた指導者でしたが、これは見事な施策でした。

 デッドマール・クラマー氏は、当時の世界サッカー界屈指の理論派指導者でした。

 FIFAワールドカップにおいては、大会後にFIFA(国際サッカー連盟)がその大会のプレーを極めて冷静・詳細に分析した報告書が作成されます。大会毎に作成されますが、本当に素晴らしい報告書(公開されていて、一読の価値十分)です。これが時代時代の「サッカー競技の理論的基盤」になるものなのですが、クラマー氏は、この当時のFIFAの報告書作成メンバーとなっていて、素晴らしい分析を再三に渡って著しています。

 そういう点から見れば「よく日本に来てくれた」と思います。世界中から引っ張り凧のサッカー指導者であったことは、間違いありませんから。

 クラマー氏はおそらく、当時の日本サッカー強化のために最適な人物でした。日本スポーツ界の全ての競技において、最も成功した海外指導者の招聘であったとも思います。当時の日本サッカー協会会長野津謙氏ら協会関係者の素晴らしいマネジメントでした。

 クラマー氏の指導の成果は、1964年の東京オリンピックでのベスト8(アルゼンチンに勝っています)、1968年のメキシコシティオリンピックでの銅メダルに結実しました。
 1960年時点で、相当なサッカー後進国であった日本を、一気にオリンピックでメダルが狙えるほどに変革させたのです。(この辺りのことは、別に書く機会があると思います)

 そのクラマー氏は指導のための沢山の言葉を残したことでも有名ですが、日本代表チームのディフェンダーに語ったというか、指示した言葉が「クリアは月まで」です。
 自陣ゴール前、ピンチの際のボールクリアは、中途半端なことはせず、月まで届く位、大きく遠くに蹴るように指示したものでしょう。実際の指示の際には、空高く指差しながら言ったと伝えられています。
 相手ペースの試合の流れを切るためにも、大きなクリアは有効なのです。

 クラマー氏の来日から60年余が過ぎ、日本サッカーも大きく進化しました。当時は、夢のまた夢であったワールドカップWC出場も果たしていますし、WC常連国のひとつになってきた感もあります。

 しかし、最近の日本代表チームの失点の多さ、ゴール前のディフェンスのお粗末さを観ると、この言葉を思い出すのです。

 「昔のサッカーとは違って、現代サッカーはディフェンスからの良いボールの供給が大切だ」という声が聞こえてきそうです。
 しかし、その「昔」にクラマー氏は、なぜこんな言葉を残したのでしょう。「昔」は守備陣からのパスが重要視されておらず、守備陣はいつも大きくクリアしていたならば、こんな指示が出るはずがありません。
 当たり前のことですが、「昔」から守備陣は中盤や前線に良いパスを出そうと努力していたのです。

 クラマー氏は、相手チームに押し込まれ、ペナルティーエリア付近に多くの相手チームプレーヤーが居る状況で、中途半端なパスは考えるな、と指示したのでしょう。
 この指示は、現在の日本代表チームにも、そのまま当て嵌まります。

 ディフェンスは、失点しないことが第一の仕事です。

 現在もご存命で88歳になっているデッドマール・クラマー氏が、現在の日本代表チーム守備陣を観たら、やはり「クリアは月まで」と言うのではないでしょうか。

スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031