FC2ブログ
HOME   »  春の甲子園2018・追加点のチャンスを併殺で逃がして
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 第90回選抜高校野球大会も3回戦に入りました。

 接戦が続く大会ですけれども、追加点の絶好のチャンスを「併殺」で逃してしまい、試合の流れも失ってしまったゲームが2つありました。

[3月28日・2回戦]
彦根東4-3慶応

 前半は投手戦となりましたが、6回に彦根東が1点を先制しました。
 なかなか「あと一本」が出なかった慶応でしたが、7回裏ついに増居投手を捉え、ノーアウト満塁から8番善波選手の左中間へのタイムリーヒットで2-1と逆転に成功しました。
 続くノーアウト1・3塁のチャンスをものにすれば、終盤でもあり、相当優位に立てる場面でした。
 しかし、9番生井選手が空振りの三振、1アウト1・3塁から1番宮尾選手が2塁ゴロゲッツーで、大チャンスが潰えてしまったのです。
 慶応義塾高校チームにとっては「悪夢」のような攻撃となりました。

 そして8回表、彦根東高校チーム6番高内選手に、2アウト1・3塁から逆転3ランホームランが飛び出しました。

[3月30日・3回戦]
日本航空石川3-1明徳義塾

 投手戦となったゲームは、8回表明徳が相手エラーに乗じてついに1点を捥ぎ取りました。
 そして9回表、追加点の絶好のチャンスを迎えたのです。1アウト満塁、迎えるは7番菰渕選手。ここで追加点を挙げれば、最終回でもあり、試合は明徳義塾高校チームに大きく傾くところでした。
 ところが、1塁ゴロゲッツー。明徳は、追加点を挙げることが出来なかったのです。

 その裏、9回裏です。日本航空高校石川チームの3番原田選手に逆転サヨナラ3ランホームランが飛び出したのです。
 昨秋の明治神宮大会の優勝投手であり、この試合もここまで相手チームを零封してきた市川投手にとっては「悪夢」のような被弾であったことでしょう。

 慶応義塾と明徳義塾、2つのチームは自力十分な実力校です。

 にも拘わらず、絶好のチャンスを「併殺」で潰してしまいました。
 
 とはいえ、まだリードしていたのですが、信じられないような逆転=逆転3ランホームランを許してしまいました。

 両チームにとっては「信じられないような展開」でしょうし、とても残念なゲームとなったのです。

 野球における「試合の流れ」の怖さを、まざまざと感じさせるゲームでした。
スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031