FC2ブログ
HOME   »  東京オリンピック2020・メダルデザインの発表
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 2019年7月24日、東京オリンピック2020の開幕を1年後に控えた日に、大会組織委員会から金・銀・銅のメダルのデザインが発表されました。

 とても美しいデザインです。

 表面は、国際オリンピック委員会の規程により、「ギリシャ・パナシナイコスタジアムに立つ勝利の女神ニケ像」の構図です。

裏面、大会ごとのオリジナルデザインとなる裏面は、「組市松紋の大会エンブレム」を中央に配し、周りは立体的な渦状。
渦の曲線は様々な角度で彫られているため、「どの角度から見ても輝く」ようになっているのだそうです。
 
 メダルデザインのコンペには421名のエントリーが有り、デザイナーの川西純市氏の案が採用されたと報じられました。

 大会で1・2・3位の選手に授与される=選手の首からかけられ胸で輝く、メダルの「様子」が分かると、大会が現実味を帯びるというか、開幕が近付いたという感じがします。
 ちょっとウキウキするのです。

 直径85mm、厚さは12.1mm~7.1mm、重さは金メダルが556g、銀メダルが550g、銅メダルが450g、と報じられました。
 世界最高レベルの日本の金型・鋳造・鍛造技術が駆使されたメダルは、それはそれは素晴らしい出来あがりとなることでしょう。テレビ画面で少し見ただけでも、表面のエッジは本当に綺麗でした。
 銀に金メッキの金メダルが、10年後、20年後、30年後でも輝きを失わないクオリティ(メッキが剥がれたり錆びたりしない)であることを信じているというか、確信しています。そのハイクオリティが「東京オリンピック2020」を象徴しているのです。

 それにしても、夏のオリンピック史上最も重い556gの金メダルは、トップアスリートにとっても相当重く感じられることでしょう。

 もちろん、「メダルの重み」は実重量ではないのでしょうが、実重量も重いというのは、表彰式の時に選手が疲れてしまわないかと、余計な心配をしてしまいます。
 大会終了後の各種イベント(相当長いイベントもあります)にメダルをかけて登場する時にも、選手の首への負担が大きそうです。

 近時のオリンピックのメダルは、大会を重ねる毎に、どんどん大きく重くなっているように観えます。
 大会の重みを示すのに、「小さくて軽いメダルではダメ」という考え方なのかもしれませんが・・・。

 そんなものは存在しないのかもしれませんが、「オリンピックのメダルの重さ競争」は、東京オリンピック2020で最後にしてほしいと感じます。

スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031