FC2ブログ
HOME   »  沖縄尚学VS作新学院・素晴らしいゲーム
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 今大会の初戦屈指の好カードと見られていた、第7日目第一試合「沖縄尚学VS作新学院」は、予想に違わぬ好ゲームでした。

 両チームの選手達の見事なプレーの応酬は、今大会最高のゲームのひとつであることを如実に示しました。

 まず1回の表、作新学院の3番バッター朝山選手がホームランで1-0。その裏、沖縄尚学3番バッターの西平選手がホームランで1-1の同点。
 1回の表裏に、2死ランナー無しで3番バッターがホームランを打ち合うという展開は、滅多にというか、これまで観たことが有りません。こんなことが起こるのです。

 その後は、沖縄尚学・山城投手、作新学院・藤沼投手の投手戦が続き3回まで1-1の同点。
 4回裏沖縄尚学は、西平選手の四球からヒットでチャンスを広げて、5番久保選手の2ゴロの間に西平選手がホームを陥れて2-1とリード。ヒットエンドランというか、ランアンドヒットで3塁まで走り切った走塁が印象的でした。

 5回裏も沖縄尚学のチャンス。藤沼投手から朝山投手に後退した直後に2つの四球で無死1・2塁。ここで8番山城選手の送りバントを3塁封殺、続く9番伊良部選手の送りバントも3塁封殺で、2死1・2塁となりました。
 この作新学院の連続3塁封殺プレーの見事なこと。ギリギリのタイミングながら迷いなく3塁に送球、その送球も決して逸れることなく正確でした。極めて高いレベルの守備だと思います。
 沖縄尚学の走塁プレーは、一瞬の隙も見逃さない素晴らしいものでしたし、作新学院の守りも一瞬の遅れも許さない見事なものでした。好走塁と好守備の応酬、緊張感に満ちた攻防でした。

 6回裏沖縄尚学は、ヒットで出塁した中村選手が2盗。ライトフライで3塁に進み、1死3塁のチャンスを作って4番安里選手の遊ゴロの間に本塁を陥れて3-1とリードを広げました。この中村選手の走塁も見事でした。

 8回表の作新学院の攻撃、2死から9番高橋選手がヒット。高橋選手は2盗を狙い大きなリードを取ります。ここで山城投手のけん制球が決まり憤死。再三見せてきたけん制がついに決まった瞬間でしたが、作新学院にとっては極めて痛い逸機でした。このレベルのチームは、2死一塁から十分に逆転できる力が有りますし、それが分かっていたからこそ山城投手もけん制を続けたのでしょう。

 9回表の作新学院の攻撃は3者凡退でゲームセット。

 結果としては、作新学院打線が沖縄尚学の山城投手に3安打に抑え込まれた形ですが、一方の沖縄尚学も作新学院の藤沼・朝山両投手のリレーの前に4安打に抑え込まれているわけですから、両チームの投手陣は共に力を発揮したということになります。

 勝敗を分けたのは、沖縄尚学の走塁でした。一瞬の隙を見逃さない走塁の重要性を感じさせたゲームでした。

 沖縄尚学も作新学院も強打のチームです。
 それが好投手相手となると、なかなかヒットを連ねることが出来ません。この相手であったからこそ自慢の打線が抑え込まれたのでしょう。
 そういった状況下で、両チームの走塁と守備の丁々発止の応酬が展開されたという、素晴らしいゲームであったと思います。

 両チームとも、今大会屈指の実力を保持したチームです。作新学院にとっては、初戦の相手に恵まれなかったというところでしょうか。
スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930