FC2ブログ
HOME   »  田中将大投手・復帰への25球
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 右肘靱帯部分断裂でDL入りしている、ニューヨーク・ヤンキースNYYの田中将大投手が8月16日にブルペンで25球を投げたと伝えられました。

 キャッチボールから投球を再開していた田中投手が、キャッチャーを座らせて投球したのです。日本メディアでもその様子が放送され、滑らかなフォームから6・7分の力で投げ込まれたボールは、とても綺麗な軌道でキャッチャーのミットに吸い込まれていました。


 故障からの回復度合いは、私には分かりませんが、少なくともその投球の美しさは十分に感じました。キレの有る、良いボールが投じられていました。

 田中投手がゲームに復帰するのは9月に入ってからではないかと言われていますが、ファンの間には「そんなに急ぐ必要は無い」という意見が多いそうです。

 こうした意見が多いというのも、素晴らしいことだと感じます。
 160億円も出して獲得したのだから、一刻も早くマウンドに戻って欲しいという意見が多いのではなく、完全に治してから戻って来て欲しいという意見が多いというのは、「田中投手のピッチングが極めて高く評価されていること」に他ならないと思います。また、あの見事なピッチングを観たいという気持ちが、多くのファンに共有されているのでしょう。

 メジャーデビューの年にNYYのファンの気持ちをここまで掴んだということは、田中投手にとって一番の財産でしょう。

 手術をせずに治すと決めた以上、再発は回避しなければなりません。マー君には、可能な限り完全な状態に戻した上で、マウンドに戻って来て欲しいと思います。
スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930