FC2ブログ
HOME   »  米野球殿堂2020・デレクジータ氏候補1年目で殿堂入り
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 1月21日、2020年のアメリカ野球殿堂入りメンバーが、全米記者協会(BBWAA)から発表されました。

 現役引退後5年を経過すると「選考対象」となるルールですが、ジータ氏は選考対象となった最初の年に殿堂入りを果たしたことになります。

 殿堂入りの基準は極めて高く、BBWAAに10年以上所属している記者の皆さんの投票により、全記者数の75%以上を獲得して初めて「殿堂入り」できるのです。
 2020年の投票で、ジータ氏は397票の内396票を獲得、得票率99.7%というとても高い数値でした。一方で、2019年に得票率100.0%で殿堂入りを果たしたマリアノ・リベラ氏には、僅かに及ばなかったことになります。

 2019年2月5日付の記事「[MLB2018~19・オフシーズン] マリアノ・リベラ氏 「満票」で殿堂入り」にも書きましたけれども、397票=397名の記者との間に、長い現役生活(ジータ氏は20年間)において、ジータ氏から1度や2度不愉快な思いをさせられた記者が5人や10人居ても何の不思議もありませんから、資格取得1年目に「満票」とか「1票入らなかった」というのは、ほとんど信じられないような高得票であることは、言うまでもないことです。

 デレク・ジータ氏の現役時代の実績、ニューヨーク・ヤンキース一筋で5度の世界一を経験していることを始めとする素晴らしい実績については、今更申し上げるまでも無いものでしょう。
ジータ氏の殿堂入りに、大きな拍手を送らせていただきます。

 さて、2020年にはもうひとり殿堂入りした方が居ました。
 ラリー・ウォーカー氏はカナダ出身のメジャーリーガー。モントリオール・エクスポス、コロラド・ロッキーズ、セントルイス・カージナルスで外野手として17年間プレーし、通算2,160安打、383本塁打、1,311打点は、いずれもカナダ出身プレーヤーとしての最高記録であり、「史上最強のカナディアン」とも呼ばれています。

 殿堂入りに相応しい実績を残しているウォーカー氏ですが、その選ばれ方も「とても渋い」と感じます。

 BBWAAの投票により殿堂入りするためには、「現役引退後5年超10年未満」の間の投票で75%以上の得票を得なくてはならない(チャンスは5度)のですが、ウォーカー選手はラストチャンスでものにしたのです。
 2019年までの投票では、おそらくは「惜しくも」選ばれなかったのでしょうが、2020年に「劇的」な殿堂入りが待っていたことになります。

 頭書しましたが、殿堂入りが「難関」であることは言うまでもありません。
 MLBでプレーした選手ならば、誰もが憧れることなのです。

 2020年の投票で観れば、あのカート・シリング投手、ダイヤモンドバックスやレッドソックスで大活躍し、通算216勝を挙げた大投手ですが、278票に止まり、得票率70.0%で落選となりました。
 また、通算354勝、7度のサイ・ヤング賞受賞に輝くロジャー・クレメンス投手も242票に止まり得票率61.0%で落選したのです。
 
 薬物疑惑などの諸要素があるとはいえ、BBWAAの記者の75%以上から支持されることの難しさは、想像以上のものなのかもしれません。

 1936年に始まった、メジャーリーグの「殿堂表彰」の重みは、年々増すばかりなのでしょう。

スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031