FC2ブログ
HOME   »  2017年・ゴルフ人口激減中
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 11月29日にNIKKEI NETに配信された記事「日本のゴルフ存続の危機 いま私たちにできること」(日本ゴルフ協会専務理事 山中博史氏)は、衝撃的でした。
 
 何より書き出しの数字が凄い。

① 2016年に日本のゴルフコースで1回以上ゴルフをした人の数は、2015年比210万人少ない550万人だった(27.6%減)こと
② ゴルフ人口の高齢化。年代別構成比は、60歳台が23%、70歳台が30%、合わせて53%。これを上回るレジャーはゲートボール(63.5%)だけ

 最近ゴルフ場には高齢者が多いと感じていましたが、これ程とは思いもよりませんでした。
 これが、第3者的立場の方の記事であれば、「ものの見方の違い」や「数値の信憑性の問題」もあるのでしょうが、日本ゴルフ協会専務理事という「当事者中の当事者」の記事というのですから、まさに「真実」ということになります。

 ゴルフコースでプレーする人の半数以上が60歳以上というのも驚きですが、その60歳以上の中でも70歳以上の方が多いというのは驚愕の事実でしょう。日本のゴルフ人口の3人に1人が70歳以上なのです。

 我が国のゴルフコースが、70歳以上の高齢者のプレーにより生きながらえているのは明らかで、その70歳以上のプレーヤー達が、病気・怪我・経済的な問題等々、様々な理由から「ゴルフコースでのプレーを引退」することで、ゴルフ人口が急減しているということです。

 そもそも、たった1年で27%以上もプレーヤーが減少するというのは「異常」なことですし、普通これだけ減少すれば、「ゴルフ競技の存続の危機」が叫ばれても何の不思議もありません。
 にもかかわらず、「存続の危機」という言葉を眼にすることは滅多に無いのです。
 これも不思議なことです。

 おそらく、ゴルフコースの数自体も急減しているために、個々のコースにおいては、それなりに入場者数が確保されているのだろうと思います。
 
 それにしても「存続の危機」であることに変わりはありませんから、ゴルフというスポーツに係わる人たちは、真剣に対応策を考えなければなりません。

 この記事の中にも「スタープレーヤーの創出」といった対応策が記述されていますが、「世界的なプレーヤー」という意味であれば、現在の松山英樹選手は、「日本ゴルフ史上最高のプレーヤー」であることは間違いないことですから、「かつてないほどのスタープレーヤー」が存在することになります。

 おそらくは、そういう問題では無いのでしょう。
 
 現在のゴルフ界を支えている人たちが「高度成長期にゴルフを始めた人たち」であること、そしてその人たちが「ゴルフ会員権保有者の太宗を占めること」を十分に認識する必要があるのでしょう。

 我が国のゴルフ界、ゴルフコースは、「この方々」により支えられてきたのです。
 そして、21世紀になって「新しいゴルファーの開拓」にゴルフ界は失敗したのです。
 それでも「この方々」に支えられて、今日まで生きながらえてきたということになりそうです。

 しかし、さすがの「この方々」も年齢には勝てず、ゴルフコースという表舞台から、どんどん姿を消しているのが、現状なのでしょう。

 一方で、世界のゴルフをリードするアメリカ合衆国においても、ゴルフ人口が減少していることは知られている事実です。3000万人を割り込んでいると報じられています。アメリカでもゴルフ人口は減っているのです。

 「ゴルフ衰退」の現象がわが国特有のもので、隆盛の国が有るのであれば、対応策も見つかり易いと思いますが、世界中で衰退しているということになると、これを改善して行くことは容易なことでは無いでしょう。
 そもそもゴルフと言うスポーツが、21世紀の社会では受け入れられ難いということに、なり兼ねないからです。

 費用が高い、実施に手間と時間がかかる・・・等々、若者がゴルフをやらなくなった理由はいくつも考えられるのでしょう。

 一方で、ゴルフよりよほど費用が掛かる趣味、例えば「釣り」が趣味の友人(ゴルフも月一位プレーします)は、ゴルフより1回のプレーあたり、相当多くの費用が掛かると言っていますが、毎週のように全国各地の釣り場に出かけて行きます。
 要は、消費時間も含めたコストに見合う、あるいはコスト以上の「楽しさ」を提供できる趣味・スポーツであるかどうかがポイントなのです。

 いくつかの問題点をカバーして余りある程に、「ゴルフの面白さ」を人々に呈示することが肝心であることは、間違いありません。
スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031