FC2ブログ
HOME   »  2017~18年開幕戦のバイエルンとユベントス
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 欧州各国の主要なリーグ戦は、8月中旬に開始されました。

 今回は、各リーグの「開幕戦」を見ていきたいと思います。
 ここで言う「開幕戦」とは、開幕日に最初に行われ、前シーズンの優勝チームが登場したゲームを指します。
 今季は、セリエAとブンデスリーガにて、この「開幕戦」が行われました。

[8月18日・ブンデスリーガ]
バイエルン・ミュンヘン3-1バイヤー・レバークーゼン

 ドイツサッカーの常勝軍団・バイエルンが、2017~18年シーズンも順調なスタートを切ったゲームでしょう。
 前半9分にディフェンスDFのズーレ選手のゴールで先制し、同19分にミッドフィールダーMFのトリッソ選手のゴールで追加点、後半8分にフォワードFWレバンドフスキ選手のゴールで3-0とリードして、ゲームを支配しました。

 後半20分にレバークーゼンのFWメーメディ選手のゴールで1点を返されましたけれども、3-1で勝ち切ったのです。

 ブンデスリーガは、今季もバイエルン・ミュンヘンを中心に動いていくのでしょう。

[8月19日・セリエA]
ユベントス3-0カリアリ

 こちらはイタリアサッカーの常勝軍団・ユベントスが、カリアリを圧倒したゲームでした。
 前半12分にFWマンジュキッチ選手が先制ゴールを挙げ、同46分にFWディバラ選手が追加点、後半21分のFWイグアイン選手のゴールで3-0として、ゆうゆうと押し切りました。
 3人のFWがそれぞれ1点ずつを挙げるという、今季を占う開幕戦に相応しいゲーム展開であったと感じます。

 バイエルン・ミュンヘンは5連覇中、ユベントスは6連覇中と、両チームともブンデスリーガ、セリエAにおける「絶対王者」です。

 一方で、「5連覇」「6連覇」というのは、各々のリーグでの最長記録でもありますから、そろそろ「王座を明け渡すタイミング」であることも確かなのでしょう。
 今季のブンデスリーガ、セリエAから眼が離せないのです。
スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930