FC2ブログ
HOME   »  Jリーグ2015開幕・武藤嘉紀選手の見事なシュート
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 Jリーグの2015年シーズンが開幕しました。

 日本サッカーの屋台骨を支えるリーグの開幕です。今シーズンも素晴らしいゲーム、目の覚めるようなシーンを沢山魅せていただけることでしょう。

[FC東京2-2ガンバ大阪]

 このカードをテレビで観ました。

 雨が降りしきる万博記念競技場でガンバが好調なプレーを展開し、2-0とリードして後半30分になろうとする頃には、このままガンバが押し切るであろうと思いましたし、フォワードFWの宇佐美選手を中心とした攻勢が続いていましたから、追加点もあるかもしれないと感じていました。
 2014年シーズン三冠チームの強さがピッチ上に展開されていたのです。

 ところが後半30分にFC東京が1点を返すと、ゲームの様相は一変しました。なかなか見せ場を作れなかったチームが一気に攻勢に転じたのです。降りしきる雨の中で、どこにこんな体力が残っていたのだろうかと思える程の連続攻撃。気持ちの問題なのかもしれませんが、サッカーという競技の不思議・難しさを改めて感じます。

 後半も45分を過ぎてのインジュリータイムに、右サイドから中央の武藤選手にボールが繋がりました。正確には繋がったと言うより、ガンバのパスミスのボールをカットした形ですが、右足一閃。
 武藤選手のシュートはガンバゴール右サイドに突き刺さりました。ゴールキーパーGKの頭を越えてゴール枠を捕える、見事なシュートでした。

 丁度、2014年ワールドカップにおけるハメス・ロドリゲス選手のシュートを思い出しました。

 FC東京の1点目も武藤選手のゴールでしたが、こちらは相手ゴール左ポスト際からの素早い反転からのシュートでした。
 こちらは、1970年頃西ドイツのエースストライカーとして活躍した、「ボンバー(爆撃機)」ことゲルト・ミュラー選手のシュートを彷彿とさせました。

 武藤選手のFWとしての才能の大きさを感じさせる、2つの得点だったと思います。

 こうしたプレーが自国リーグのゲームで観られるというのは、とても素晴らしいことです。

 今シーズンのJリーグは大混戦になりそうです。
スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930