FC2ブログ
HOME   »  MLB2016・イチロー選手今季第1号ホームラン
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 9月6日のフィラデルフィア・フィリーズ戦の8回裏に代打で登場した、マイアミ・マーリンズのイチロー選手は、ネリス投手が投ずるカウント2-1からの4球目、138kmのスプリットを右翼席・マーリンズの投球練習場に運びました。

 2016年シーズンの初ホームランでした。

 これでイチロー選手は、日本プロ野球NPBで118本、MLBで114本のホームランとなり、日米通算本塁打数は232本となりました。

 また、NPBでビューした1992年こそ、本塁打数は0でしたが、翌1993年から24シーズン連続のホームランとなったのです。

 このホームランで、MLB通算3019安打としたイチロー選手は、もちろん「ヒットメーカー」として不動の位置を固めていますが、ホームランの成績としても、NPB8シーズン・MLB16シーズンの計24シーズン連続というのは、ものすごい記録なのです。

 MLBの記録と比較すれば「史上2位タイ」です。
 1位がリッキー・ヘンダーソン選手の25シーズン連続。2位がタイカップ選手の24シーズン連続です。ベースボール史を彩る名選手の数字と並んだのです。

 NPBの記録と比較すれば「史上3位」となります。
 1位が谷繁元信選手の27シーズン連続、2位が野村克也選手の25シーズン連続となっています。
 
 NPBとMLBの通算本塁打数トップに立つ、あの王貞治選手とバリー・ボンズ選手が22シーズン連続、日米で活躍した松井秀喜選手が20シーズン連続です。

 こうした歴史に残るホームランバッター達と比較しても、イチロー選手の24シーズン連続という記録の素晴らしさが分かります。

 2017年シーズン以降も現役を続行すると伝えられているイチロー選手にとっては、この2016年シーズン第1号にはとても大きな意味があったと感じます。

 「歴史的ヒットメーカー」であるイチロー選手が、このホームラン記録をどこまで伸ばして行ってくれるのか。
 本当に楽しみです。
スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031