FC2ブログ
HOME   »  MLB2017・新人王にジャッジ選手とベリンジャー選手
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 11月13日、MLB2017シーズンの両リーグの新人王が発表されました。

 アメリカンリーグALは、ニューヨーク・ヤンキースのアーロン・ジャッジ選手、ナショナルリーグNLはロサンゼルス・ドジャーズのコディ・ベリンジャー選手でした。

 2人共「満票」での選出でした。「文句無し」の受賞だったのです。
 両リーグともに満票での選出は20年振り、史上4度目だそうです。

 ジャッジ選手は打率.284、本塁打52本、打点114、ALホームラン王です。
 ベリンジャー選手は打率.267、本塁打39本、打点97、チームのNLチャンピオンシップ勝利に大貢献しました。

 2人の若手プレーヤーに共通しているのは、打撃面、守備面共にまだまだ未完成であるということでしょう。
 ポストシーズンに入って、ジャッジ選手もベリンジャー選手もなかなか打てませんでした。当然ながら、相手チームの研究による対策の「壁」にぶち当たったのです。

 そして2人に共通しているのは、この「壁」を正面から破って行ったことです。
 当てに行くといった「対処療法」を実施することなく、自身本来のスイングを続けながら、次第に相手投手の投球のコース・変化・スピードに対応し、打てるようになって行ったことが、本当に素晴らしいと感じます。「伸びしろ」がとても大きいのです。

 2人共「本物」なのでしょう。
 今後、メジャーリーグを代表する野手に育って行ってくれるものと思います。

 ジャッジ選手は、ヤンキースのプレーヤーとして、1996年のデレク・ジータ選手以来の新人王受賞と報じられました。
 ヤンキースがジータ選手の登場と共に黄金期を迎えたことは、ご存じの通りです。
 
 ジャッジ選手の新人王受賞も、ヤンキース黄金期到来の起爆剤となるような気がします。
スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930