FC2ブログ
HOME   »  MLB2019・ダルビッシュ有投手8回1失点で5勝目
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
[8月27日・シティフィールド]
シカゴ・カブス5-2ニューヨーク・メッツ

 カブスのダルビッシュ投手が、8イニング・104球を投げて、被安打5、奪三振7、与四球1、失点1という堂々たるピッチングを魅せて、5勝目(6敗)を挙げました。
 今季27試合目の先発登板でした。

 素晴らしい投球内容でしたが、このゲームで注目されたのが「与四球1」でした。

 何しろ「約1ヵ月間、ダルビッシュ投手はフォアボールを与えていなかった」のです。
 何だか凄い話です。

 世界最高のベースボールリーグで、キッチリと先発ローテーションを守っている投手が、1か月間に渡って「与四球0」というのは、ある意味では信じられないことです。

 ダルビッシュ投手のコントロールの良さはもちろんとして、常に「逃げることなく勝負している」ことを示す、事実なのでしょう。
 3ボール2ストライクから、ボールになる球を投げていないこともありますし、たとえボールになる球を投げたとしても、それをMLBの打者が高率で打ちに行っているということですから、高度な投球術であることは間違いありません。

 ダルビッシュ投手は、定評のある「投球の威力」に加えて、「良いコントロール」と「高度な投球術」をも身に付けたと見ます。

 「鬼に金棒」。
 一層の活躍が期待されます。

スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930