FC2ブログ
HOME   »  MLB2019・4月11日時点の個人成績
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 MLB2019年レギュラーシーズンは、各チームが10~16試合を消化しました。
 まだスタート直後ですから、チーム順位については「これから」ということなのでしょう。

 一方で、4月11日時点の個人成績を観てみると、目立つ記録がありました。

① 打率5割1分4厘

 アメリカンリーグAL、シカゴ・ホワイトソックスのティム・アンダーソン選手の成績です。
 9試合に出場して「37打数19安打」というもの。
 この時期には、4割手打者が数名居るのが例年の形(今季もナショナルリーグNLに3名、ALに2名居ます)ですが、「5割打者」は驚異的でしょう。

 アンダーソン選手がどこまで走ってくれるのか、とても楽しみです。

② 8セーブ

 ALデトロイト・タイガースのシェーン・グリーン投手が8セーブでトップを走っています。
 凄いのは「8登板・8セーブ」というところ。
 セーブ成功率が100%なのです。

 タイガースは8勝4敗で、AL中地区の首位を走っていますから、8勝すべてがグリーン投手のセーブ試合ということになります。
 シーズン開始直後とはいっても、何だか凄い成績だと感じます。

 グリーン投手は、部門2番手のホセ・アルバラド投手(タンパベイ・レイズ)、ロベルト・オズナ投手(ヒューストン・アストロズ)の4セーブを大きく引き離して、トップを快走しています。

 どこまでセーブ数を伸ばしてくれるのか、こちらもとても楽しみです。

 MLBは、個々のプレーヤーの活躍を追っていくのも、とても面白いのです。
スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031