FC2ブログ
HOME   »  NBA
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 スポーツにおいては、アメリカ起源のものは団体競技、日本起源のものは個人競技です。

 アメリカ起源の代表的なスポーツといえば、ベースボール、アメリカンフットボール、バスケットボールが挙げられます。ベースボールは1チーム9人、アメリカンフットボールは1チーム11人、バスケットボールは1チーム5人の団体戦です。
 一方、日本起源の代表的なスポーツといえば、柔道、相撲、剣道といずれも個人競技です。

 個人競技と団体競技を区別する基準は、色々な考え方があると思いますが、私は「分業概念の有無・強弱」だと考えています。

 ベースボールを例にとります。守備における各ポジションは、各々異なった役割を果たします。投手と捕手、内野手、外野手はゲームにおける守備を、チームとして実践していく際に別々の役割を担います。内野手でも、一塁手・二塁手・三塁手・遊撃手は、役割が異なりますし、外野手でも中堅・左翼・右翼で役割が異なります。単にエリアのことだけを考えても、9人全員が自らの役割を果して、初めてフィールド全体をカバーできますので、極めて分業度合いが高いスポーツということになります。

 バスケットボールも同様です。1チーム5人のプレーヤーは別々の役割を担います。NBAにおける一般的な呼び名で、以下に表記します。

 まずはポイントガードPG。チームの司令塔として攻撃・オフェンスOF、守備・ディフェンスDFの両方のチームプレーをコントロールします。バスケットボールというと長身のプレーヤーが多いのですが、このポイントガードPGのプレーヤーは比較的小柄です。NBAでいえば、センターラインを越えて相手コートにボールを持ち込むのは主にPGの役割です。そこから、様々なフォーメーションでプレーが展開されるのです。番号で呼ぶと「1番」です。ラグビーのスタンドオフに似たポジションかもしれません。

 続いてシューティングガードSG。主に中・長距離のシュートを打つことが役割のプレーヤーです。3ポイントシュートは、SGの見せ場です。番号で呼ぶときは「2番」です。

 続いてスモールフォワードSF。得点が期待されるポジションです。ドリブルを多用するように思いますが、色々な角度からシュートを放ちます。カットインやポストプレーなど、プレーヤーにより様々なタイプが存在しますが、チームの得点エンジンであることは共通しています。また運動量も多いので、守備面の役割も大きいプレーヤーです。番号で呼ぶときは「3番」です。

 続いてパワーフォワードPF。SFと同様に、得点が期待されるプレーヤーですが、SFより長身で大きなプレーヤーが務めることが多いと思います。ゴール下での得点・守備のために接触プレーに強いことが求められます。攻守におけるリバウンド対応もPFの大切な役割です。番号で呼ぶときは「4番」です。

 最後はセンターC。バスケットリングに最も近いポジションでプレーします。長身で強い肉体を持ったプレーヤーのポジションです。ゴール下からのシュート、ポストプレーのポスト役、そしてPFと共に攻守のリバウンド対応が期待されます。番号で呼ぶときは「5番」です。

 上記のように、バスケットボールもベースボールに負けず劣らず「分業」が確立された高度な団体競技です。

 アメリカンフットボールの役割分担について述べようとすると大部になりますので、別稿に譲ることとしますが、アメリカンフットボールは、ベースボール・バスケットボール以上に分業化されています。
 特にアメリカンフットボールの特徴として挙げておきたいのは「自らを犠牲にして、味方プレーヤーのプレーを助ける」役割・プレーがとても多い点です。

 例えば、ボールを受けたランニングバックRBが走って前進する際に、相手チームのプレーヤーがこの前進を止めようとタックルに来るわけですが、この相手チームのプレーヤーを弾き飛ばすために、ボールを持っているRBの前を味方プレーヤーがガードするプレーは、その典型です。
 こうしたプレーは、サッカーやラグビーでは反則ですが、アメリカンフットボールでは正当なプレーとなっていますし、アメリカンフットボールの最大の特徴のひとつです。こうしたサポートプレーに対しては、ファンもスポーツ報道機関も高く評価します。ある意味では、スクリメイジライン上のプレーや、タックル・ガードのプレーなど、アメリカンフットボールのプレーの大半が、自己犠牲型サポートプレーの組合せで成り立っているようにも思います。

 一方、我が国起源のスポーツを観てみましょう。頭書した、柔道・相撲・剣道を始めとして、弓道・空手などいずれも個人競技ですし、いわゆる武道の流れをくむスポーツが多いと思います。ダブルスという形式も無い、純粋な個人競技が多いことが特徴です。

 我が国起源のスポーツにも団体戦がある、という意見もあると思いますが、これは団体戦であって、団体競技ではないように思います。
 もちろん、柔道や剣道の団体戦は、先鋒・次鋒・中堅・副将・大将といったポジションが与えられ、それぞれの役割も異なるのですが、個々の試合は個人戦ですし、「分業度合い」は小さいと思います。前述のベースボールやバスケットボールといった、アメリカ起源のスポーツにおける「団体競技」とは、別のものでしょう。

 これは、フェンシングやアーチェリーといった競技の団体戦にもいえることで、先のロンドンオリンピックの競技を観ても、個人戦の成績の積み上げが団体戦の成績に繋がるのであって、チームの3人が異なる役割を負担して一緒に戦うという「団体競技」ではありません。

 陸上競技の競走や水泳競技の競泳におけるリレーはどうでしょうか。
 短距離競走における400mリレーの場合には、クラウチングスタートからコーナーを走る第一走者と、バトンを受けて直線を走りバトンを次の走者に渡す第二走者、バトンを受けてコーナーを走りバトンを次の走者に渡す第三走者、バトンを受けて直線を走りゴールする(バトンを渡す作業が無い)第四走者・アンカー、はそれぞれ役割が異なりますので、分業されていると観ることもできます。
 水泳のメドレーリレーであれば、それぞれの泳者が異なった泳法で泳ぎますので、分業されていると観ることもできます。
 
 一方で、短距離競走における1600mリレーは、各走者が400mトラックを1周しますので分業度合いは小さいと思いますし、水泳のメドレーリレーではないリレー競技であれば、大半の泳者がクロール泳法で泳ぎますので、分業度合いが小さいと思います。

 とはいえ、400mリレー競走やメドレーリレー競泳についても、ベースボールやバスケットボールに比べると、分業度合いはとても小さいので、団体戦であって団体競技ではないと考えた方が良いと思います。

 では、ダブルス競技はどうでしょうか。テニスや卓球に存在する競技形態としてのダブルスです。これは、テニスにしても卓球にしても、2人のプレーヤーの役割分担が存在していますので「団体競技」であると思います。ただし、ベースボールやバスケットボールに比べると、分業度合いは小さいと思います。

 何故、アメリカでは団体競技が生まれ、日本では個人競技が生まれたのか、については、多くの分析を要しますし、地理的条件、民族性、文化といった話にまで入り込むことになりますので、ここでは深くは追及しません。
 
 我が国起源のスポーツは、前述の通り「武道の流れをくむ」競技が多いので、どちらかというと「個人の修練のための競技」といった趣が強いのではないかと思います。また、その精神性の高さが、柔道や剣道を世界的なスポーツに引き上げている要素であるとも思います。

 一方で、アメリカ起源のスポーツは「みんなで楽しむ」ことを主目的として生まれ、発達してきたのでしょう。基本的にアミューズメント・エンターテイメントとしてのスポーツなのです。

 アメリカでは、団体競技が生まれ、MLB、NFL、NBA、NHLの4大プロスポーツを筆頭として、全国で花盛りです。団体でプレーするのは、プレーヤーだけではありません。観客も、例えばMLBポストシーズンゲームにおける、観客全員が同じタオルを振っての応援は、4万人以上の観客が同時に行う動きですので、大変な迫力ですし、観客全員がとても楽しそうに見えます。「見事な団体プレー」です。エンゼルスのラリーモンキーなど、チーム毎に特徴ある団体応援を繰り広げているわけです。
 NBAでも、ゴール裏の観客のフリースローを投げにくくするための動きは、どのホールでも見られることです。NBAの観客も、団体プレーを積極的に展開します。

 こうした行動を見ると、アメリカの人達は、プレーヤーとしても観客としても団体スポーツが大好きであると判断できます。個人主義の国といわれるアメリカですが、スポーツを見る限り、団体プレーの国であることは間違いありません。

スポンサーサイト



 2012年MLBのポストシーズンは佳境に入っています。アメリカンリーグはデトロイト・タイガースがニューヨーク・ヤンキースを4勝0敗のスイープで下し、リーグチャンピオンシップを制してワールドシリーズへの進出を決めました。ナショナルリーグのリーグチャンピオンシップは、サンフランシスコ・ジャイアンツとセントルイス・カージナルスが3勝3敗と互角の勝負を展開、最終戦はサンフランシスコが圧勝して4勝3敗でリーグ優勝を飾りました。さて、いよいよワールドシリーズ2012が始まります。

 こうした試合を観ていると、プレーオフが特別なゲームであることを表す、様々な飾り付けが眼につきます。例えば、一塁側と三塁側のベンチ前には「2012アメリカンリーグ・チャンピオンシップ」とかいう表示が芝の上に多色で綺麗に描かれています。両チームのベンチの壁にも、同様の表示があります。テレビ画面に映し出される様々なシーンに、このゲームが、いつ行われた何の試合かということを示す情報が盛り込まれている仕組みです。
 これが、地区シリーズの時は、同じ位置に「2012ディビジョナル・プレーオフ」と、やはり綺麗に描かれていました。
 
 プレーヤー・審判員他の服装も同様です。ユニフォームの袖の部分や、帽子・ヘルメットにも、キチンと当該ゲームが何であるかが判るように、ワッペンやシールで表示されています。もちろん球場のあちこちにも垂れ幕といった形で飾り付けが行われていますので、観客がいやが上にも盛り上がる雰囲気作りが、随所に施されているという感じです。

 加えて、使用球にも表記されているそうです。ディビジョナル・プレーオフゲーム用、チャンピオンシップゲーム用、もちろんワールドシリーズ・ゲーム用のボールも用意されているのです。
 これは、なかなかテレビには映りませんし、ボールパークの観客にも通常は見えないものだと思いますが、MLBではホームランボールはもちろん、ファウルボールも捕球・捕獲したお客様に進呈されますし、イニング毎の3アウト目のボールを守備選手がスタンドに投げ込んだりしますので、その際にボールを入手したお客様にとって、あのプレーオフゲームで使用されたボールということが明確に判りますので、「記念度合」が一層高まる効果があると思います。ここまで狙っているとしたら、凄い徹底ぶりですが、そのボールを入手したお客様が、その後もMLBのファンであり続ける確率は、相当高いのではないでしょうか。

 これはNFL・NBA・NHLでも同じで、フィールドやコートやリンクにホームチームを示すマークやチーム名が綺麗に表示されている上に、当然ながらポストシーズンゲームの表示もキッチリ施されていますし、スーパーボールやNBAファイナルやスタンレーカップ・ファイナルの舞台の飾りつけは見事というか、素晴らしいものです。

 MLBやNFLは、多くの場合、天然芝への表記ですので、こうした飾り付けにも相当のノウハウが蓄積されていると思います。以前、プレーオフゲームが終わった後のグランドを見る機会がありましたが、さすがにペイントを消した跡が残っていて、比較的消しやすい塗料を使い、消しやすい技法で、芝に描き込んでいるとはいえ、直ぐには消えないんだなと思いました。

 いずれにしても、お客様に対して、お客様が来ている試合は「特別なゲーム」であることを肌で感じてもらう各種の工夫は、アメリカ・プロスポーツのノウハウであり、人気の秘訣のひとつであろうと思います。

 ポストシーズンのゲームだけではなく、レギュラーシーズンのゲームでも時折、特別な意匠が展開されます。

 例えば、MLBのピンクリボン運動(乳がん撲滅運動)への協賛ゲームでは、徹底したピンク色の展開が見られます。プレーヤー・監督・コーチ・審判員他、グランド内に居る全ての関係者のユニフォームへのピンクリボンの装着はもちろんとして、帽子・ヘルメットへの表示も万全です。

 一塁ベースなどのベースの一部にもピンク色が配されます。プレーヤーのリストバンドもピンク色のものが用意されているのでしょうか、プレーヤーによっては着用しています。更に、バットがピンク色のプレーヤーも居ます。バットは、個々のプレーヤーにより異なるものを使用していると思いますので、おそらく自らのバットをあらかじめ手交して、事前に着色してもらっているのでしょう。

 やや、やり過ぎではないかと思うほど、ピンクリボンとピンク色に溢れたゲームになります。ちなみにイチロー選手や松井選手が、ピンク色のバットを使用しているのは見たことがありません。この二人の日本人プレーヤーは、いつものバットにピンク色の塗料を塗ることを良しとしないのであろうと思います。

 他にも、ジャッキーロビンソン・ディというゲームがあります。黒人初のメジャーリーガー、ジャッキー・ロビンソンを記念するゲームで、毎年行われますが、当該日にゲームのあるMLBチームのプレーヤー全員の背番号が42番になるのです。いつもは2番のデレク・ジータも、13番のアレックス・ロドリゲスも、24番のミゲル・カブレラも、32番のジョシュ・ハミルトンも、51番のイチローも(マリナーズ時代)、55番の松井秀樹も、ロースターの全てのプレーヤーの背番号が42番になるのです。
 これも、ひとつの試合だけではなく、その日に行われる全てのMLBゲームのプレーヤーの背番号全部ということですから、結構大変な対応です。

 こうしたことを可能にしているのが、アメリカ4大プロスポーツに共通する「選手は身ひとつでロッカールームに来れば、道具は全てチームが準備する」という思想の存在です。この考え方のもとに、全ての衣装・舞台が準備されるのです。上質なエンターテイメントとしてのメジャー・プロスポーツにとって、衣装や舞台が大切な要素であることは、言うまでもありません。(→続きへ)

 このブログでも、アメリカ4大スポーツを採り上げる機会が多いのですが、これはMLB(ベースボール)、NFL(アメリカンフットボール)、NBA(バスケットボール)、NHL(アイスホッケー)の4つのリーグのプレーが、とても面白いからです。様々な理由がありますが、とにかく面白い。見る者を楽しませてくれる「仕組み」が構築されています。プレーヤーは、その仕組みの中で、自らの実力を如何なく発揮して、世界最高水準のプレーを展開します。

 面白いからお客様が入り売り上げが上がる、売り上げが上がり利益が出るのでプレーヤーや監督・コーチに高い報酬を提供できる、高い報酬を目指して世界中からトッププレーヤー他が集まる、プレーが一層面白くなる、面白いからお客様が一層多く入る・・・と良い循環が繰り返されています。

 もちろん、それぞれの競技・団体が、最初から現在のような「仕組み」を構築していたわけではなく、複数のリーグが統合されたり、いくつかの事件を経たりして、概ね1970年~1980年頃に、現在の形になったように思います。アメリカ4大スポーツは長い歴史を持っていますが、現在の形になったのは、比較的新しいことであると考えた方が良いと思います。

 個別のリーグの生い立ちなどについては、いずれ書くことがあると思いますが、ここではまず、4つのリーグの「仕組み」の基本部分・フレームについて採り上げます。この基本情報だけでも、大変興味深いものだと思いますので。

1. MLB(メジャーリーグ・ベースボール)
① 設立1903年(アメリカンリーグとナショナルリーグの2リーグが成立し、ワールドシリーズが始まった年)
② 所属チーム数30チーム(アメリカに本拠地29チーム、カナダに本拠地1チーム)
③ チームの組み分け 
・アメリカンリーグ東地区5チーム・中地区5チーム・西地区4チームの計14チーム
・ナショナルリーグ東地区5チーム・中地区6チーム・西地区5チームの計16チーム
④ 試合数 レギュラーシーズン各チーム162試合(4月~9月)
⑤ プレーオフ 各リーグの各地区優勝チーム3チームと各地区2位のチームの中で勝率上位2チームによるワンゲームマッチを勝ち上がった1チームの計4チームによるトーナメント方式。10月に実施され、ディビジョナルプレーオフ→リーグチャンピオンシップと進み、各々のリーグの優勝チームがワールドシリーズを戦う。

2. NBA(ナショナル・バスケットボール・アソシェーション)
① 設立1946年
② 所属チーム数30チーム(アメリカ29チーム、カナダ1チーム)
③ チームの組み分け
・イースタン・カンファレンス アトランティック地区5チーム、中地区5チーム、南東地区5チームの計15チーム
・ウエスタン・カンファレンス 北西地区5チーム、パシフィック地区5チーム、南西地区5チームの計15チーム
④ 試合数 レギュラーシーズン各チーム82試合(10月~翌年4月)
⑤ プレーオフ 各カンファレンスの各地区の勝率1位の3チームと残るチームの中で勝率上位5チームの計8チームがトーナメント方式*で戦い、カンファレンスのチャンピオンチームを決める。各々のカンファレンスの優勝チームが6月にNBAファイナルを戦う。
(*各カンファレンス内の1位対8位、2位対7位、3位対6位、4位対5位の対戦)

3. NHL(ナショナル・ホッケー・リーグ)
① 設立1917年
② 所属チーム数30チーム(アメリカ23チーム、カナダ7チーム)
③ チームの組み分け
・イースタン・カンファレンス 北東地区5チーム、アトランティック地区5チーム、南東地区5チームの計15チーム
・ウエスタン・カンファレンス 北西地区5チーム、中地区5チーム、パシフィック地区5チームの計15チーム
④ 試合数 レギュラーシーズン各チーム82試合(10月~翌年4月)
⑤ プレーオフ 各カンファレンスの各地区の勝ち点**1位の3チームと残るチームの中で勝ち点上位5チームの計8チームがトーナメント方式*↑で戦い、カンファレンスのチャンピオンチームを決める。各々のカンファレンスの優勝チームが6月にスタンレーカップ・ファイナルを戦う。
(**勝ち点は、勝ちに2、60分での負けに0、延長戦・シュートアウトでの負けに1の配点)

4. NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)
① 設立1920年
② 所属チーム数32チーム(アメリカ32チーム)
③ チームの組み分け
・アメリカンフットボール・カンファレンス 東地区4チーム、北地区4チーム、南地区4チーム、西地区4チームの計16チーム
・ナショナルフットボール・カンファレンス 東地区4チーム、北地区4チーム、南地区4チーム、西地区4チームの計16チーム
④ 試合数 レギュラーシーズン各チーム16試合(9月第二週から翌年1月第一週までの17週間で16試合。各チーム異なる1週の休みがある)
⑤ プレーオフ 各カンファレンスの各地区優勝の4チームとそれ以外のチームの中で勝率上位2チームの計6チームがトーナメント方式で戦う。各々のカンファレンスの優勝チームが、2月の第一日曜日に開催されるスーパーボールに出場する。

 以上が、アメリカ4大プロスポーツの基本的なフレームになります。毎年細部の見直しがありますが、大枠はこの形です。さて、少し比較してみましょう。
(→続きへ)
 NBA(ナショナル・バスケットボール・アソシェーション)は、1946年・昭和21年の6月に設立された北米のプロバスケットリーグで、30チーム(アメリカ29、カナダ1)により構成されています。世界最高水準のバスケットボールのプレーが展開されているリーグであり、アメリカ4大スポーツのひとつとして隆盛を極めています。(基本情報です)

 そのNBA史上で1試合最高得点記録を持つプレーヤーは誰でしょう。

 NBA歴代最高得点記録38,387点を保持する伝説的ポイントゲッター、カリーム・アブドルジャバーでしょうか。郵便を配達するように得点を量産した「ミスター・ポストマン」カール・マローンでしょうか。ゴール下の暴れん坊シャキール・オニールでしょうか。現役最高のポイントゲッターであるコービー・ブライアントやレブロン・ジェームスでしょうか。それとも「バスケットボールの神様」マイケル・ジョーダンでしょうか。

 (この種の質問の恒例として)いずれのプレーヤーでもなく、ウィルト・チェンバレンというプレーヤーです。1962年のゲームで、1試合に100得点を上げました。これは凄い水準の記録です。
 NBAは、ファンに喜んでもらえるとの考え方からか、その歴史上「得点が入りやすいように」ルールの改正を続けてきていますが、現在でも1試合のチーム総得点は大体100~120点です。NBA発展期の1962年の段階で、1人で100点を上げているのですから、驚くというよりは、呆れてしまいます。

 ウィルト・チェンバレンは、1936年生まれのフィラデルフィア出身。身長216cm、体重125㎏という、当時としては(現在でも)大型プレーヤーです。NBAは、1959年のフィラデルフィア・ウォリアーズを皮切りに4チームでプレーし、1973年のロサンゼルス・レイカーズでのシーズンを最後に引退しています。

 チェンバレンの記録を挙げていくと本当にキリが無い*のですが、特に「得点」と「リバウンド」については、今後破られないであろう「不滅の記録」が数多くあります。前述の1試合100得点もそうですが、1試合55リバウンドの方が、より凄い記録だとも言われています。
 *ごく一部を書きます。1961~62年シーズンは、4029得点2052リバウンド・1試合平均50.4得点25.7リバウンド、この全てがNBA記録です。1シーズン3000得点以上の記録は、チェンバレンとマイケル・ジョーダンのみが記録しています。このように、各シーズンで大記録を作っていますのでキリがありません。

 1試合100得点は1962年3月2日の対ニューヨーク・ニックス戦で達成したのですが、このゲームでチェンバレンが所属したフィラデルフィア・ウォリアーズは負けています。
チェンバレンは、1959年のデビュー年から1964年までのウォリアーズに在籍している間、ほとんどあらゆる得点・リバウンドのNBAシーズン記録を更新し、プレーオフにも進出しましたが、NBAファイナルでは勝てませんでした。そして76ersに移籍し、チェンバレンにとってのNBA8年目・1966~1967年シーズンに、ようやくNBAファイナルを制して優勝しました。しかし、結局、彼の優勝はこの1回でした。

 ここが興味深いところです。例えば「神様」マイケル・ジョーダンの1試合最高得点記録は69点で、これも凄い記録なのですが、この試合もジョーダンが所属したシカゴ・ブルズは敗れています。また、ジョーダンはプレーオフでも1試合63点という驚異的な記録を持っていますが、この試合もブルズはセルティックスに敗れています。

 つまり、1人のプレーヤーが記録に残るような大量得点を上げると、そのチームは勝ちにくいのです。逆に言えば、勝てるチームにするためには、1人のプレーヤーに得点が集中するようなチーム作りを回避しなければならないということになります。

 マイケル・ジョーダンは、1984年からシカゴ・ブルズでのキャリアをスタートしていますが、1989年まではブルズはプレーオフに出場するだけのチームでした。この間ジョーダンはチームNO.1ポイントゲッターでしたが、どうしてもプレーオフを勝ち進むことが出来ませんでした。

 1989年シーズン後、ブルズはヘッドコーチにフィル・ジャクソンを据えて、新しいチーム作りを進めました。そして、翌1990~1991年シーズンにシカゴは初めてNBAファイナルを制して優勝しました。このシーズンのジョーダンの1試合平均得点は31.5点と、過去5年間で最低でした。(それでも得点王でした)

 ジョーダンは、フィル・ジャクソンの「もっと、皆とボールを分かち合うように」との指示を守ったのです。このシーズンからシカゴは最初の3ピート(3シーズン連続NBAファイナル制覇)を成し遂げますが、ジョーダンの1試合平均得点は、2シーズン目が30.1、3シーズン目が32.6と低いまま(これでも十分に高い水準なのですが、ジョーダンとしては低いという意味)でした。

 ひとりのプレーヤーに得点が過度に集中しないチーム作りが、NBAというかバスケットボールのゲームで勝っていくためには、必要なことなのかもしれません。
 とはいえ、チームの勝利のためにはポイントゲッターが相応の得点を上げることも必要ですから、このバランスが難しい。これまでNBAを観てきた感じですが、チームのフォーメーションや作戦に合わせて適正に多くのプレーヤーにボールを回した上で、ポイントゲッターは30~35点を1試合平均で上げていくのが良さそうです。そうすると、大事なことは「高いフィールドゴール成功率」を維持していくことになります。

 先ほどから色々な記録が出てきますので、本稿に関連する代表的なNBAの記録(2012年8月末時点)を以下に記載してみます。(→続きへ) 

プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031