FC2ブログ
HOME   »  NBA2019~20・八村塁選手開幕戦先発出場
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
[10月23日・ダラスアメリカンエアラインズセンター]
ダラス・マーベリックス108-100ワシントン・ウィザーズ

 NBAドラフトで一巡目指名を受けて、ウィザーズに入団した八村選手が、2019~20年シーズンの開幕戦・先発メンバーとして出場しました。
 デビュー戦です。

 「開幕戦・先発」とは、本当に素晴らしい!

 どんなスポーツにおいても、いかにドラフト一巡目指名のプレーヤーであっても、レギュラーシーズン開幕戦において、いきなり先発出場というのが、どれほど稀有なことであるかは、NPBのドラフト指名選手を観ても明らかでしょう。
 むしろ、滅多に無いことなのです。

 プレシーズンのゲームや練習において、ウィザーズの先発に相応しいプレーヤーとして、チームに認められたのです。スキルはもとより、チームワークという面でも「合格」であったことは間違いありません。
 大変なことだと思います。

 そして、その八村選手がゲームを通じて出場し、「14得点・10リバウンド」のダブルダブルを達成したというのですから、これはもう「お祭り騒ぎ」をしたいくらいの状況です。

 映像で観る八村選手のプレーは、各種のシュートはもちろんとして、リバウンドでの活躍が目立ちました。
 特に、リングに接近する動きに特徴がある感じがします。

 私は八村選手の日本のファンですから、八村選手を良く知り、八村選手に注目していることもあるのでしょうが、コート上の八村選手の「存在感」も十分でした。
 「どこにいても分かる」というのは、スポーツ競技に共通する「一流選手の証」ですが、既に八村選手にはそうした「存在感」が備わっているように観えます。

 ゲーム終了後のインタビューで、八村選手はあまり機嫌が良くないように観えました。
 チームが敗れたことへの不満が大きいのでしょうけれども、自らのパフォーマンスとしても、例えば20得点以上は挙げたかったのでしょうか。
 私などは、開幕戦に先発出場し、各クオーターで出場したことだけでも、NBAのルーキーとして十分なデビュー、という感じがするのですが、八村選手は既にもっと上を観ているのです。

 ウィザーズの中心的なプレーヤーとしての、八村塁選手の活躍に大注目です。

スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930