FC2ブログ
HOME   »  NPB2020(無観客)・山川穂高選手の逆転3ラン
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 「プロ野球の在る日常」が帰ってきて約1週間。
 素晴らしいプレーが随所に観られます。

[6月27日・メットライフスタジアム]
西武8-7ソフトバンク

 パ・リーグの今シーズンの手法である「6連戦」の第5戦。
 近時のパ・リーグを牽引する両チームのゲームは、見所満載でした。

 ソフトバンクが先行し、3回表までに7-2とリードした時には、大勝のムードさえ漂いましたが、その裏西武が3点を返して5-7と迫り、ゲームは一気に接戦となりました。
 「次の1点」が重い試合となったのです。

 そして7回裏、ソフトバンクのマウンドにはセットアッパーの切り札・岩嵜翔投手。
 力の有る球を投ずる好投手です。

 2アウトから、源田壮亮選手と外崎修太選手が連続ヒットでランナー1・3塁。
 迎えるバッターは、大砲・山川穂高選手。
 
 その初球、真ん中やや低めのストレートであったと思いますが、山川選手がこれを思い切り叩きました。
 「ゴツン」という、ロングヒッターならではのインパクトから打球はライナーでバックスクリーン方向に飛び、深々とフェンスを越えて飛び込みました。逆転3ランホームラン。

 岩嵜投手としては、甘いコースに投げ込んだことが悔やまれる一投でしょうが、それを完璧に捕えた山川選手のバッティングを湛えるべきシーンでしょう。
 本当に、凄まじい打球でした。

 西武の背番号「3」・山川穂高の面目躍如たる打撃でした。

 ベンチ前での「どすこい」の格好良いこと・・・。

 今シーズンの第4号です。
 中村剛也選手の今期初ホームランとも飛び出しましたから、西武打線全開というところでしょうか。

 本当に面白い「ルーズベルト・ゲーム」でした。
 好投手が思い切り投げ込み、好打者が思い切り打つ、「野球そのもの」を魅せていただきました。
スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930