FC2ブログ
HOME   »  NPB2020・開幕の延期とペナントレース重視の姿勢
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 3月9日、日本野球機構NPBは、新型コロナウイルス感染拡大を受けて、今シーズンの公式戦開幕を予定していた3月20日から延期すると発表しました。

 4月中の開幕を目指す新たな日程については、3月12日に再度協議するとのこと。

 この協議に際しては、ペナントレース全143試合の完遂を優先し、クライマックスシリーズCSを中止する方向性も確認されました。

 もしCSが行われなくなるとすれば、2004年に導入されて以降「史上初」ということになります。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、各種のスポーツイベントが次々と延期・中止になることは、本当に残念なことです。
 プロ野球に限らず、サッカーJリーグ、ラグビートップリーグ(こちらの延期は別の要素も絡んでいますが)といった、日本のメジャーなスポーツのリーグ戦が、軒並み実施されない期間が相当の長きに及ぶというのは、まさに「異常な事」なのです。

 そうした中でNPBが、ペナントレースの各チーム143試合は必ず行いたいという姿勢を示したことに、大きな意味が有るとも感じます。

 セ・リーグ、パ・リーグのペナントレースを制したチーム同士が日本シリーズを戦うというのは、まさに「20世紀のプロ野球」です。

 もちろん、CSにはむCSの面白さ、見所があります。
 毎年起こる「番狂わせ」「下剋上」のドラマは、すっかりプロ野球のシーンとして定着しています。

 一方で、「長期間、死力を尽くして戦った結果としてのペナントレース制覇チーム同士」が激突し、日本一を争うというのも、プロ野球のひとつの「醍醐味」であろうと思います。
 久しぶりの「そういう日本シリーズ」も良いものであろうと感じます。

 「2020年の春」は、様々なエンターティンメントにとって、とても残念な在り様になっていますけれども、その再開に向けて、再開後の楽しみを増やして行けるような種々の工夫も、必要なのでしょう。

スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930