FC2ブログ
HOME   »  NPB2020・関根順三氏
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 4月9日、関根順三氏の逝去が報じられました。93歳、老衰と報じられています。

 1927年、東京都渋谷区神宮前(原宿)に生を受けた関根氏は、日大三高(旧制日大三中)で野球を始めました。
 選手時代の体格として、身長173cm・体重65kgと伝えられている関根氏です。これは、現在なら小柄な選手でしょうが、当時でも小柄と見られていたよう(高校時代ですからもっと軽量だったかもしれません)で、はじめは練習にも参加させてもらえなかったそうです。
 それでも2塁手として試合に参加できるようになり、投手にも抜擢されました。

 そして、法政大学に進みエースとして活躍したのですから、野球に対する才能に恵まれていたことは間違いないでしょう。
 1948年・3年生の秋にチームを東京六大学リーグの優勝(戦後初)に導き、翌1949年秋には、通算40勝という大記録を打ち立てています。
 
 選手・関根順三の野球人生には、藤田省三監督が大きな影響を与えています。
 日大三高、法政大学共に、藤田省三監督でした。
 そして、法政大学卒業後、八幡製鉄所で社会人野球をすることになっていた関根氏が、近鉄パールス(後の近鉄バッファローズ)に進むことになったのも、藤田氏が近鉄パールスの監督であったからです。
 関根氏の成長と共に、藤田氏も高校→大学→プロ野球と歩を進めていた訳です。

 投手として通算65勝(8シーズン)、肩を痛めてからは、打者として通算1,137安打(16シーズン)を記録しています。
 投手が主の時期の1952年(昭和27年)には、5勝を挙げる一方で、31安打・1本塁打・打率.313を記録していますから、今風に言えば「二刀流」のプレーヤーということになります。
 1965年(昭和40年)に、巨人の野手としてのプレーを最後に現役引退しました。

 以上のように、プレーヤーとしても相当ハイレベルな実績を残した関根選手ですが、やはり関根氏といえば、監督としての活躍でしょう。

 1982年、55歳の時、大洋ホエールズ(現、横浜DeNAベイスターズ)の監督に就任し、3シーズンを戦いました。
 そして、1987年・60歳の時にヤクルトスワローズの監督に就任し、やはり3シーズン指揮を採っています。
 この6シーズンの成績は、3位が1度、4位が2度、5位が2度、6位が1度と、決して好成績とはいえないのですが、関根監督への評価は、とても高いものがありました。

 知り合いのプロ野球関係者は、「次期監督候補がなかなか見つからない時の『つなぎ役』として、これ程素晴らしい人はいなかった」と話していました。
 代役としてでは無く、「つなぎ役」としてチームが強くなるまでの間を担当する、チームを強くしていく監督というのですから、誰にでもできるというものでは無い、とても難しい仕事を托され、その役割期待に見事に応えたということになります。

 そのプロ野球関係者は、「苦しい時の関根さん」に代わる人は居なかった、とも話していました。素晴らしい能力、監督としての采配能力はもとより、選手とのコミュニケーション能力や若手プレーヤーの育成・抜擢の能力も含めて、得難い人材であったことは、間違いないのでしょう。

 関根順三氏は、2020年4月に亡くなりました。
 新型コロナウイルス禍の真っ只中、プロ野球のシーズン開幕さえ目途が立たない中での旅立ちでした。
 もちろん、偶然なのでしょうけれども、この「逝去」も、日本プロ野球を存続させるための「つなぎ役」の一端を果たしたように感じられるのは、穿ちすぎなのでしょうか。

スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930