FC2ブログ
HOME   »  UEFA-CL2016~17・バイエルンがアーセナルを一蹴
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
[3月7日・第2戦・アーセナルスタジアム]
バイエルン・ミュンヘン5-1アーセナル

 第1戦、バイエルンのホーム・フースバルアレーナで1-5と大敗したアーセナルが地元でどれくらいの反攻を見せてくれるのかと注目されたゲームでしたが、再び5-1でバイエルンが圧勝しました。

 アーセナルとバイエルン・ミュンヘンという、世界に名立たるビッグクラブ同士の戦いが、2戦通算10-2という一方的なものになってしまったのは、意外という他はありません。

 前半、ウォルコット選手のゴールでアーセナルがリードした時には、後半の戦い振りが期待されましたが、後半8分にコシェルニー選手が反則退場し、10分にバイエルンの大砲・レバンドフスキ選手が同点ゴールを挙げてからは、ゲームは一気にバイエルンに傾きました。
 23分にロッベン選手、33分にコスタ選手、そして35分と40分にビダル選手が畳み掛けて、5-1としたのです。

 名門アーセナルにとっては「屈辱的な敗戦」と言えるでしょう。
 
 イングランド・プレミアリーグとしても、とても残念な結果と言わざるを得ません。

 一方で、このところ一時の勢いが感じられなかったバイエルン・ミュンヘンにとっては、久しぶりに「溜飲を下げた」対戦・ゲームであったと感じます。

 やはり、レアル・マドリード、FCバルセロナ、バイエルン・ミュンヘンの「3強」の時代が、まだまだ続くのかもしれません。
スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930