FC2ブログ
HOME   »  UEFA-CL2017~18・決勝T1回戦第1戦を終えて
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 今季のUEFAチャンピオンズリーグも、いよいよ決勝トーナメントに入り、2月13日から21日にかけて、1回戦のファーストレグ・第1戦が行われました。

[2月13日]
ユベントス2-2トッテナム・ホットスパー
マンチェスター・シティ4-0FCバーゼル

[2月14日]
リバプール5-0FCポルト
レアル・マドリード3-1パリ・サンジェルマン

[2月20日]
チェルシー1-1FCバルセロナ
バイエルン・ミュンヘン5-0ベジクタシュ

[2月21日]
セビージャFC0-0マンチェスター・ユナイテッド
シャフタル・ドネツク2-1ASローマ

 興味深い対戦結果が続きます。

 まずは、「CLに愛されている」レアルが、パリ・サンジェルマンに快勝しました。
 前半33分にラビオ選手のゴールで先制を許したレアルでしたが、同45分にクリスティアーノ・ロナウド選手のゴールで同点とし、1-1の緊迫した展開から、後半38分再びロナウド選手のゴールで2-1とリード、同41分にはマルセロ選手のゴールが決まり、試合を決めました。
 ホーム・ベルナベウでレアル・マドリードが魅せた強さでしょう。

 いわゆる「クラブ3強」の牙城を崩そうと狙っているサンジェルマンにとっては苦しい立ち上がりとなりましたが、第2戦のホームでの戦いに期待したいところです。

 バルセロナとチェルシーは1-1で引分けました。
 0-0で迎えた後半17分、ウィリアン選手のゴールでチェルシーが先制しましたが、同30分にメッシ選手が同点のゴールを挙げました。
 「さすがにメッシ」というところですが、バルセロナとしてはアウェイでの引分、それも1点を取っての引分ですから、これで十分なのかもしれません。
 とはいえ、プレミアの大豪チェルシーとしては、このまま引き下がるわけには行きません。

 ユベントスとスパーズも2-2で引分けました。ユーベとしては2失点の引分は、いただけないというところでしょう。スパーズはアウェイで2得点の引分は、相当有利になった感じです。

 シャフタル・ドネツクがホームでASローマに勝ちました。このまま押し切る様なら、今大会の台風の目になることでしょう。

 バイエルン、リバプール、シティは大勝しました。ベジクタシュ(トルコ)の健闘が楽しみでしたが、さすがにアウェイでは分が悪かったようです。第2戦の反攻に期待しましょう。

 ユナイテッドは、セビージャFCと0-0で引分けました。絶対に勝ち上がらなければならないと考えているであろうマンUとしては、まずまずの立ち上がりなのかもしれません。

 3月6日から14日にかけて、第2戦が行われます。
 パリ・サンジェルマンVSレアル・マドリード、トッテナム・ホットスパーVSユベントス、FCバルセロナVSチェルシー、ASローマVSシャフタル・ドネツク、マンチェスター・ユナイテッドVSセビージャFC・・・第1戦の結果を踏まえて、好ゲームが目白押しです。
スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930