FC2ブログ
HOME   »  2013年02月14日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 「礼に始まり、礼に終わる」とは、日本古来の武道に共通した理念だと思います。試合における勝敗にのみ拘るのではなく、自らを高めるための修練の場としての武道の精神がそこにあります。
 稽古・トレーニングや試合の場において、礼をして試合場や練習場に入り、相手のプレーヤーを尊重して練習をし、戦い、勝ち負けはともかくとして、試合や練習が終わった後も、この機会を与えていただいたことに感謝し、礼によってその感謝を表す、といった一連の流れは、日本武道の基本と言えます。

 その視点からすると、最近の日本柔道におけるコーチによる暴力問題などは、問題外の低次元な事象と言わざるを得ません。

 取り上げられているのは、日本女子ナショナルチームの園田監督が、ナショナルチームのメンバーの稽古の場において、殴る蹴るの暴力を振るったとか、「死ね」といった暴言を浴びせたということなのですが、頭書の精神とは全く相容れないことで、呆れてものが言えないという感じです。

 そもそも暴力は良くない、などという感情的な考え方ではなく、柔道というスポーツの本質・ルールから、あまりに離れてしまっている事象であることが、残念でならないのです。暴力の有無や、どのような状況下で行われたかについては、私は知る由もありませんが、その事象と柔道の精神が両立するとはとても思えない点が、恥ずかしい限りなのです。

 柔道は、日本古来のいくつかの柔術をミックスし、加納治五郎が創設したことは、本ブログでも採り上げました。そして、警察官の必修科目となり、学校教育の場に取り上げられたことで、一般に普及していったことも述べました。
 さらに、その精神性も相まって、世界に普及しJUDOとなったのです。

 そのJUDO発祥の国である日本の柔道は、世界中のJUDOの範となるべき存在であり、JUDOの歩みに常に光を当て、必要があれば警鐘を鳴らしていく存在でなくてはなりません。現在見られる、前述のような事象は、日本柔道がそうした存在ではなく、極めて低レベルで、柔道のなんたるかを語る資格もない国に成り下がっていることを示しています。

 何故、日本柔道は、柔道本来のあり方から、これほど離れてしまったのでしょうか。国際化してJUDOとなったからだ、などという意見があるとしたら、ピンボケも甚だしいものです。何しろ、この暴力事件は、日本のナショナルチームで発生していることなのですから。

 一方で、剣道という武道があります。剣道も柔道と同じく、警察官の必修科目となり、学校教育の場に取り上げられて、国内で普及しました。そして、いまや世界の剣道となりつつあります。

 この剣道においては、高い精神性が、現在でも維持されているように観えます。剣道最高の大会である日本選手権大会は、毎年素晴らしい試合を私達に提供してくれます。あのスピードと技術は、全てのスポーツの中でも指折りの、高度なものです。

 そして最も素晴らしいことは、全ての剣道プレーヤー最高の目標たる「日本選手権優勝」というタイトルを手にした選手の優勝後の様子を観ると、一切表情も変えず、インタビューにも淡々と答え、自らのプレーで不足している部分について反省していることです。
 試合に勝って、喜びを爆発させてはいけないなどと言っているのではありません。スポーツによっては、そうした行動も何の問題もないと思います。

 それぞれのスポーツが、それぞれのルールを守ることの重要性を述べているのです。剣道というスポーツは、試合での勝ち負けよりも、自らの修練が第一であると標榜しているのであれば、日本最高、世界最高の大会の場において、その剣道のルールが最も明確に示されるべきであり、実際に示されている、という意味です。本当に、素晴らしいことです。

 そして、逆に言えば、その根本ルールをしっかりと継承していることが、日本剣道の強さの源であるとも思います。

 ある高校生の剣道の試合において、一本を取った時に、右手を握りしめ、小さくガッツポーズをとった選手が居ました。その瞬間、審判団の旗は、体の前で交差して振られました。一本が取り消しになったのです。

 私は、これを観たときに「これが剣道なのだ」と思いました。その選手は、トレーニングを重ね、体力と技術を身に付け、試合で一本を取るまでになったのですが、最も根本的な剣道のルールを身に付けてはいなかったということです。そして、そのことを全ての審判が認識していて、全国レベルではない大会でも、きちんと判定されていることは、当たり前のことと言えば当たり前の事なのですが、実行していくのはとても大変なことだと思います。剣道を剣道足らしめるための活動が、日々継続されているということですし、この日々の継続こそが、剣道を変質させないための大切な行動なのだと考えます。

 日本柔道は、何時この努力を放棄したのでしょう。小学校・中学校の段階から、剣道に観られるような地道な活動が続けられていれば、頭書のような見苦しい、「柔道の根本ルールを忘れた」かのような事象は、発生するはずがありません。相手に勝つことを第一に考える、金メダル至上主義などというルール違反が、日本柔道全体に蔓延っていることは、残念至極です。

 この現象を修正していくのは、容易なことではないと思います。日本柔道全体がルール違反を続けている、緩んだ状態になってしまっているのですから、根本的な治療を、長い時間をかけて施していく必要があるのでしょう。

 まずは、本来、柔道の基本ルールを徹底・維持していく総本山であるべき全日本柔道連盟の改革が、最優先事項でしょう。会長以下の現在の首脳陣の総入れ替えは、当然のことです。

 そもそも、今回の園田監督の事件が表面化してからの、全柔連の一連の対応は、最低レベルでした。最初に訴えた、一人の女子選手に対して、園田監督に謝らせて、その場を取り繕ろうとし、園田監督を留任させようと目論み、訴えが15人の選手に広がると、今度は園田監督を辞めさせることにし、話がJOCや国際柔道連盟に広がり、日本中のマスコミが指摘するに至って、強化担当理事や強化担当コーチを更迭するなどという、見苦しい対応を重ねて、会長他の「偉い?人達」に火の粉が及ばないように、少しずつトカゲの尻尾切りを繰り返すという、権力亡者振り。悲しいほど下品です。
 保身しか考えないような人物に、世界に最も普及した日本発のスポーツである、大切な柔道を任せるなど、考えられません。開祖加納治五郎が掲げた柔道の精神・基本ルールである「精力善用」「自他共栄」は、どこに行ってしまったのでしょう。こういう厚顔無恥な人物には「柔道を教える必要がある」と思います。

 日本柔道界全体が、柔道の基本ルールを取り戻すために、地道な活動を開始する時が来ました。10年、20年と長い時間が必要だとは思いますが、今始めなくては「日本柔道は、柔道から離れて行くばかり」だと考えます。

スポンサーサイト
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728