FC2ブログ
HOME   »  2013年02月16日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
2013年2月17日、東京競馬場ダート1600mコースで行われる、第30回フェブラリーステークスG1競走の予想です。

 ジャパンカップダートと並ぶ、中央競馬におけるダートG1競走の栄冠を目指して、今年も16頭の精鋭が挑みます。
 古豪、新鋭、初のダートコースへの挑戦馬等々、多士済々。華やかなレースが期待されます。

 軸馬は、6枠11番のカレンブラックヒル。5連勝で臨んだ前走G1天皇賞(秋)は5着に敗れましたが、G1NHKマイルを快勝するなど、格は抜群。初のダートコースが気にならないと言えば嘘になりますが、出て来る以上は負けられないところです。

 対抗馬一番手は、1枠2番のグレープブランデー。前々走G1ジャパンカップダートで5着と健闘、前走G2東海ステークスは3馬身差の圧勝劇。5歳にして本格化したダート巧者と言えます。530㎏を超える雄大な馬体から繰り出される豪快なフットワークは、東京コースにピッタリでしょう。

 対抗馬二番手は、5枠10番のワンダーアキユート。このところ重賞4戦して、いずれも3着以内。G1JCBクラシックも制しています。7歳馬ですが、まだまだ元気一杯。ダート21戦9勝の安定感は抜群です。

 対抗馬三番手は、8枠16番のシルクフォーチュン。昨年のこのレースの2着馬。前走カペラステークスG3の差し脚は見事でした。復調気配です。

 今回は、以上4頭に期待します。何と言っても、芝のマイル路線から切り替えてきたカレンブラックヒルの走りに注目です。
スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728