FC2ブログ
HOME   »  2013年02月23日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 2013年2月24日、阪神競馬場芝1400mコースで行われる、第57回阪急杯G3の予想です。

 例年、スプリンターとマイラーが激突するレースですが、今年も実績馬・新鋭馬の16頭が出走する、華やかなレースになりました。

 軸馬は、2枠3番のロードカナロワにします。前走G1香港スプリントを快勝。国際レースで強いところを魅せました。2か月半の休養を経て出走してきた形ですが、12戦7勝・2着4回と実力は抜けていると思います。58㎏のトップハンデですが、枠には恵まれました。直線一気に押し切ってくれると思います。

 対抗馬一番手は、2枠4番のクィーンズバーン。前走G3京都牝馬ステークスは、ハナズゴールの大駆けにあい4着と敗れましたが、2着馬とは僅差でした。昨年4月のG2阪神牝馬ステークスの勝ち馬であり、阪神コースは得意です。斤量も54㎏と恵まれました。

 対抗馬二番手は、1枠1番のサンカルロ。前走G2阪神カップを快勝。もともと冬に強いタイプです。7歳馬ですが、前走から2か月の休養期間を設けるなど、陣営の丁寧な対応にも好感がもてます。2着は十分にあると思います。

 対抗馬三番手は、3枠5番のブライトライン。ようやく本格化してきたのでしょうか、中3週で使ってきました。上がり3ハロンのタイムが優秀です。父フジキセキを髣髴とさせるようなレースが観てみたいものです。

 今回は、以上の4頭に期待します。現役最強のスプリンター・ロードカナロワの2013年始動の走りが楽しみです。
スポンサーサイト



 2013年2月24日に、中山競馬場芝1800mコースで行われる、第87回中山記念G2競走の予想です。

 1600mに強い馬と2000mが得意な馬の両方が挑戦してくる、中央競馬屈指の伝統を誇るレースですが、今年も実力馬・上り馬の15頭が出走して来ました。

 軸馬は、7枠12番のダノンバラードにします。前走AJC杯G2を快勝しました。もともと大崩れしない馬ですが、屋根にペリー騎手を迎えて、勝ち味が早くなったと思います。好調を維持していると観ます。

 対抗馬一番手は、8枠14番のタッチミーノット。去年9月の新潟記念G3から3戦して、2着・3着・1着。前走の中山金杯G3のゴール前の脚は見事でした。中山コースに強いのは証明済み。7歳馬ですが、まだ22戦と馬体は若いと思います。勝ち負けの勝負を期待します。

 対抗馬二番手は、5枠8番のアンコイルド。重賞初挑戦ですので、格下感は否めませんが、前走白富士ステークスの、ゴール前の粘り脚は素晴らしいものでした。鉄の馬ジャイアンツコーズウェイの血統が花開いてきているように思います。本格化の過程で、重賞初勝利と行きたいものです。

 対抗馬三番手は、2.枠2番のリアルインパクト。言わずと知れた2011年のG1安田記念の勝ち馬。格なら一番です。昨年のこのレース3着以降、いまひとつのレースが続いていますが、展開が嵌れば実力は上位。先週のトーセンラーに続いて、G1馬の復活が観られるかもしれません。

 今回は、この4頭に期待します。4コーナーは大接戦でしょう。
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728