FC2ブログ
HOME   »  2013年04月
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 太平洋戦争前の1939年・昭和14年に「中山4歳牝馬特別」競走として創設されたのが、現在の桜花賞です。範としたのは、サラブレッドの故郷イギリスのクラシックレース「1000ギニー」競走でした。

 1000ギニーも桜花賞も、3歳牝馬限定のレースです。ご存知の方には当たり前のことで恐縮ですが、念のために記載しますと、クラシックレースというのは3歳馬限定のレース=生涯1度しか挑戦できないレースです。従って、イギリスなら1000ギニー、2000ギニー、オークス、ダービー、セントレジャー、我が国でいえば桜花賞、皐月賞、優駿牝馬(オークス)、東京優駿(日本ダービー)、菊花賞の5つのレースは、どんな競走馬でも、生涯に一回しか走ることができません。

 従って、この5大クラシックレースに優勝するのは極めて難しいことになります。たとえ地力抜群の馬でも、レース開催時期に、自らのコンディションの良い時が合わなければ勝てません。3歳馬という、人間でいえば中学生から高校生に相当する時期の若駒ですから、体も出来上がっていませんし、調子の上がり下がりも大きいので、生涯一度のレースにコンディションを合わせて行くのは至難の業というか、相当に運に左右されるのです。

 このクラシックレースの中で、皐月賞、日本ダービー、菊花賞の3レースは、3歳の牡馬・牝馬の両方が出走できますが、桜花賞とオークスは3歳牝馬限定のレースです。従って、5大クラシックレース全部に勝つ「5冠馬」が現れるとすれば牝馬ということになります。

 現在まで、5冠馬あるいは4冠馬は出現していませんが、牝馬の三冠馬は居ます。1943年・昭和18年、太平洋戦争中でしたが、クリフジ号が日本ダービー、オークス、菊花賞を優勝し、中央競馬史上唯一の牝馬のクラシックレース三冠馬となっています。(秋華賞やエリザベス女王杯はクラシックレースではありません)
 ちなみに2007年のウオッカ号による日本ダービー優勝は、クリフジ以来64年振りの牝馬による日本ダービー制覇でした。

 こうした栄光のクラシックレース体系の中で、桜花賞はその年の最初のクラシックレースということになります。歴史を見てみましょう。

① 1939年の第一回は、中山競馬場の芝1800mコースで行われました。
② 戦後の1947年・昭和22年からは京都競馬場芝1600mで行われることとなり、名称も「桜花賞」に変更されました。
③ 1950年・昭和30年には、施行場が阪神競馬場芝1600mに移りました。現在の形となったわけです。
④ 2007年には、阪神競馬場に新設された芝外回り1600mコースで行われるようになりました。
 この変更は、レースの性格に大きな影響を与えたと思います。それまでの1600mコースのスタート地点は、1コーナーのポケットでした。2コーナーまでの距離が短いため、各馬が好ポジションを求めて2コーナーに殺到するため、テンのペースが非常に速くなりました。いわゆる「魔の桜花賞ペース」です。

 この時期の牝馬有力馬は、スピードが身上であることが多いので、このハイペースで体力を消耗してしまい、ゴールまで持たないことも多かったのです。1番人気馬は中々勝てないと言われた桜花賞の原因のひとつだったのでしょう。
 2007年のコース変更以降は、最初のコーナーまで十分な距離がありますから、有力馬も慌てることなくポジションを取ることができるようになりました。実力馬が、力を発揮しやすいレースになったのです。

 2007年以降の優勝馬を見ると、2007年ダイワスカーレット、2009年ブエナビスタ、2010年アパパネ、2012年ジェンティルドンナと、その後のオークスを始めとする大レースでも好成績を上げ続けた実力馬が名を連ねています。2006年以前の優勝馬の多くが、その後中々「桜花賞馬」の称号に相応しい成績を上げられなかったことと、好対照であると思います。
 穴党の皆さんには、残念なことかもしれませんが。

 このレースの名付け親が誰であるのか、私は知りませんが、「桜花賞」というのは素晴らしいネーミングだと思います。
 本家イギリスのレース名が、当時の1着賞金額1000ギニー(1ギニー=21シリング、1ポンド=20シリング、ギニーは1971年まで使用されていました)から取られていることと比較しても、いかにも「四季の国」日本のレースという感じです。

 加えて、待ちに待った春が来たという喜びと、華やかな乙女の激しい戦いをも象徴しているというのは、思い入れが強すぎる穿った見方なのでしょうか。
 2013年3月17日、BS-TBSで松井秀喜氏のインタビューが放送されました。収録は3月10日とのことですから、現役引退表明後ということになります。約1時間の番組でしたから、ゆっくりと楽しむことが出来ましたし、とても興味深いコメントもありました。

 ドラフトで巨人軍入団が決まった後の1993年のオープン戦で、松井選手は53打数5安打、打率0割9分4厘と散々の成績でしたから、開幕2軍スタートとなりました。
 長嶋監督は松井に「練習しなきゃ、良い選手になれないぞ」といい、松井を巨人軍の4番打者とするための有名な「1000日計画」が始まりました。

 1000日計画というのは、おそらく1000日で松井選手を巨人軍の4番打者に成長させる計画であったと思いますが、その計画の中心的な取組が「長嶋監督と松井選手のマンツーマンの毎日の素振り」ということになります。

 素振りは、ほとんど毎日行われ、長い時には1時間半に及びました。松井氏「監督が良いと言うまで素振りは終わりません。真剣勝負ですから」「監督から、良く打ったなんて言われたことは一度もありません。良い打球だと言われたことはありますが、それは事実を言っているだけです」と。

 番組の中には、当時の長嶋氏の画像・コメントも挿入されていました。長嶋氏「巨人軍は勿論として、日本プロ野球の4番となるために、日々精進が必要です」と。

 1996年、松井選手は巨人軍の開幕4番を任されました。1000日計画の完遂という形でしょう。しかし、松井選手の成績は上がらず、開幕後1か月で3番に下げられました。
 続いて、1998年にも2度目の開幕4番に挑みましたが、これも失敗し、再び3番でシーズンを戦いました。

 この間も、毎日素振りは続いていたのですから、「二人の素振り」は既に1000日計画を超越した存在になっていたのです。

 そして2000年、3度目の開幕4番に挑戦し、今度は上手く行きました。松井秀喜選手程の才能をもってしても、巨人軍の4番に座るためには1993年から7年間もの月日を要したということになります。当然ながら、「二人の素振り」も7年間続いていたのです。

 2001年、長嶋監督が監督として采配を振るう最後の試合前にも、「二人の素振り」は行われたそうです。松井氏「その日だけは、素振りをしながら涙が出ました。監督と選手としては最後かなと思いましたので」と。
 結果として「二人の素振り」は1993年から2001年まで8年間継続されたことになります。

 2003年に松井選手は、MLBニューヨーク・ヤンキースNYYに移籍することが決まりました。
こうして見ると、松井秀喜選手が、巨人軍の4番打者であった期間は、短かったことが分かります。松井選手の巨人軍での活躍は、3番打者時代の方がずっと長かったのです。

 松井氏は、NYY移籍後も素振りが行われたと語りました。長嶋氏が渡米した折に、ニューヨークのプラザホテルの屋上などで実施したそうです。

 松井氏「ニューヨークで会う時には、空気感が違いました。二人でいる時の緊張感が薄れました」と。
 この番組で最も驚かされたのは、このコメントでした。

 1993年から8年間に渡って行われていた「二人の素振り」において、松井選手と長嶋監督が緊張感を維持し続けたという点です。これは凄いことだと思います。
 そもそも、同じことを8年間続けることだけでも大変なことですが、この取組を通じて二人の偉大なプロスポーツマンは緊張感を維持していたのです。どんな人でも、毎日同じことを続けていれば、次第に「慣れ」てきて、慣れあった関係になり、緩みが生じるものでしょう。「慣れることが無かったこと」に、この二人の大きな才能を感じるのです。

 アメリカで会うようになって初めて「空気感が変わった」と感じた松井選手、そして長嶋氏の関係の凄さ・奥深さに感心するばかりです。

 スーパースターに備わっている資質の深さを感じさせてくれた放送でした。
 2013年3月21日~25日に、アメリカのベイヒルクラブ&ロッジコースで開催された、アーノルドパーマー・インビテーショナル大会は、アメリカのタイガー・ウッズ選手が、通算13アンダーパー・275打の成績で、2位のジャスティン・ローズ選手(イングランド)に2打差をつけて、優勝しました。

 今シーズン3勝目(5戦目)、同一大会(アーノルドパーマー・インビテーショナル)で8勝目のPGAツアー最高記録タイ記録達成、PGAツアー77勝目となりました。そして、2年5か月振りに世界ランク1位になったのです。タイガー・ウッズが「定位置」に帰ってきました。

 先日の稿でも書きましたが、完全にタイガーの勝ちパターンゲームでした。第3ラウンドで、2位に2打差を付けてトップに立ったのです。こうなると、タイガーは滅多なことでは負けません。大会は悪天候によるサスペンデッドで5日目に入ったのですが、追い上げを図るリッキー・ファウラーを尻目に「抜かせない」安定したプレーを展開しました。
 
 ショットの中では、パッティングが非常に良かったと思いますし、次に良かったのがアイアンショットでしたから、これも先日の稿の通りです。ドライバーや3番ウッドのティーショットは時々曲げていましたが、これは全盛期でも曲げていましたので、あまり気にしなくとも良いように思いました。
 2000年前後のプライムタイムのタイガーも、こうして勝ちを重ねていたのです。

 それにしても、ゴルフは怖いものです。今後のアメリカゴルフ界を背負っていく若手のひとりリッキー・ファウラー選手が、タイガーに2打差に詰め寄り、迎えた16番ホールのパー5。イーグルも狙える、18のホールの中で最も易しいロングホールです。
 ファウラーは、ティーショットがフェアウェイヒット、一方のタイガーは右に曲げてバンカー。このホールでバーディ・ボギーなら並びますし、イーグル・ボギーなら一気に逆転という状況。ファウラー選手は「チャンス」と考えたのでしょう。

 ファウラー選手の第2打は残り180ヤード位、フェアウェイから狙います。ショットは、ピンに向かって行きました。ドロー打ちのファウラーにしては、珍しくストレートな狙いだと思った瞬間、ショットはショートし、グリーン手前の土手に当たり、転がって池に入りました。痛恨のミスショット。

 一方のタイガーのバンカーからのショットは、残り173ヤードでしたが、ピンを大きくオーバーして、ピン奥10ヤード以上離れたところに止まる「完璧なショット」でした。残り3ホール、トップに立っているプレーヤーは絶対に池に落としてはいけないのですから、グリーンヒットして、池に落ちない位置に打っていくのが当然で、当然のショットを当然のようにバンカーから打っていける点が、タイガー・ウッズの強さです。

 池に落としてしまったファウラーは、それでもパーセーブを狙って第4打となるアプローチショットを打ちますが、これは完全にダフってしまい。池のど真ん中に落としてしまいます。続く、第6打もピンデッドに攻めて、ピンから1m以内には落としましたが、バックスピンがかかったのか、手前に転がりグリーンを出てしまいました。

 タイガーは、2パットで手堅くバーディ、ファウラーはグリーン手前から2ストロークを要し計8打、トリプルボギーを叩いてしまい、優勝争いから完全に脱落しました。

 このコースで最も易しいホールですから、パーを取るのはファウラー選手にとっては容易なことだったと思いますし、2回に1回はバーディを取れるホールだったと思います。そのホールでトリプルボギーを打つのですから、ゴルフというのは本当に怖い競技です。

 この大会で、もうひとつ印象に残ったのは、2位に入ったジャスティン・ローズ選手のプレー振りでした。冷静・沈着にしてクレバーなプレーという、彼本来のプレーが展開されていました。
最初のメジャー大会であるマスターズトーナメントの有力候補だと思います。

 優勝インタビューで、聞き手が「メジャータイトルを取って初めて復活だという人も居ますが」と問いかけると、「また勝てるようになって嬉しい。自分のプレーに満足している。ただそれだけだ」とタイガー・ウッズ選手は答えました。
 メジャートーナメントに勝つことの難しさを、現在世界中でプレーする全ての選手の中で、最も良く知っているタイガー・ウッズのコメントでした。自信が、相当回復していると感じました。
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930