FC2ブログ
HOME   »  2013年04月27日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 2013年4月28日京都競馬場芝外回り3200mコースで行われる、第147回天皇賞(春)競走G1の注目馬です。

 我が国で最大の古馬重賞レースであり、現在では最も長い距離を争うG1レースです。勝ち馬には、我が国の競馬史を飾る名馬が並んでいますが、一方で最近10年を観ると、ディープインパクト以外に1番人気で優賞した馬は居ません。それどころか、7番人気以下の優勝馬が過半という、難しいレースになっています。

 大豪馬が出走してきている場合を除くと、長距離に適性のある馬の中で、展開に恵まれた馬が勝っているという形です。今年も、実績馬、中堅馬、上り馬、入り乱れての18頭、フルゲートとなりました。現在の日本3強の一角ゴールドシップが出走してきているにもかかわらずのフルゲートですから、各陣営は十分に勝負になると考えているのでしょう。

 注目馬の一番手は、4枠8番のゴールドシップ。「格」からいって、この馬は外せません。私は、ゴールドシップはステイヤーではないと考えています。圧倒的な地力で、長距離レースも押し切ってしまうタイプだと思っています。
 その点では、同じ葦毛馬でいえばメジロマックィーンのタイプでしょう。昨年のG1菊花賞3000mもキッチリと勝利していますから、この天皇賞(春)に生粋のステイヤーが出走していなければ(メジロマックイーンを破ったライスシャワーの様な)、ゴールドシップが勝つと思います。
 そして、他の出走馬の現在までの競走成績を観ると、生粋のステイヤーといえばマイネルキッツかと思いますが、さすがに10歳馬には荷が重いでしょう。

 注目馬の二番手は、3枠6番のフェノーメノ。ややジリ脚タイプで勝ち味が遅いところがありますが、着実に力を付けていると思います。前走G2日経賞は、ようやく本格化を感じさせるレース内容でした。
 ゴールドシップと同じステイゴールド産駒。このレースを制するようなことがあれば、名ステイヤーの仲間入りです。

 注目馬の三番手は、4枠7番のアドマイアラクティ。こちらも、本格派ステイヤー候補です。格では見劣りしますが、長距離レースで底を見せていないところに注目します。ハーツクライ産駒の意外性も、不気味です。

 今回は、以上の3頭に注目します。ゴールドシップに、キッチリ勝ってもらいたいところですが、将来「あの馬は、名ステイヤーだった」と言われるような、あっと驚かされる馬が登場する可能性もあると思います。
スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930