FC2ブログ
HOME   »  2013年07月12日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 コンフェデレーションズカップ2013の決勝で、ブラジル国歌の演奏が行われました。マラカナンスタジアムを埋め尽くした7万人を超えるブラジルサポーターの大合唱です。セレソン(ブラジル代表選手)達も大きく口を開けて歌います。
 伴奏が終わりましたが、国家は続きます。ブラジルサポーターとセレソンのアカペラです。伴奏が有った時より、一層声が大きくなりました。

 ブラジルサポーターとセレソンが一体となった瞬間でした。

 試合開始1分40秒、ブラジルのフレッジ選手が先制点を上げました。場内大歓声。フレッジ選手とネイマール選手が肩を組んで、観客席前列に飛び込みます。観客と喜びを分かち合うためです。観客にもみくちゃにされながら、しばらくの間「儀式」は続きました。

 試合前半41分、オスカル選手からのパスを受けたネイマール選手が、強烈なシュートをスペインゴールに突き刺しました。
 今度は、ネイマール選手とオスカル選手が観客席に飛び込みます。同じ儀式が行われました。

 観客席は相当高いところにあるのですが、ネイマール選手らが飛び込んだところには「たまたま?」足場のような大きな黒い台が置かれていて、その上に飛び乗れば、選手たちは観客席のファンと抱き合えるのです。
エース・ネイマールのファインゴールです。場内の興奮は最高潮でした。

 後半早々のフレッジ選手の得点の時には、観客席には飛び込みませんでした。ハーフタイムに審判団から注意を受けたのでしょうか。
 何となくですが、サイドが変わったあちら側には、足場は無かったのではないかと思います。

 しかし、前半に十分に盛り上がったファンは、試合終了まで大声援でセレソンを応援し続けました。

 これが、ホームゲームなのでしょう。
スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031