FC2ブログ
HOME   »  2013年07月27日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 7月28日、ニューヨーク・ヤンキースタジアムで行われる、ヤンキース対タンパベイ・レイズの試合前に、松井秀喜氏の引退セレモニーが実施されます。

 既にヤンキースを出てエンジェルスなど他のチームに移ってから3年以上を過ぎているにもかかわらず、ヤンキースが、松井氏との間で1日だけマイナー契約を結び、オフィシャルに松井氏の引退セレモニーを実施することは、とても特別なことです。
 例えば、1990年代後半のヤンキース黄金時代の中心選手であったバーニー・ウィリアムズ氏の引退セレモニーがまだ行われていないにもかかわらず、松井氏のセレモニーが実施されるというのですから。

 バーニー・ウィリアムズ氏といえば、2012年にイチロー選手がヤンキースに移籍する際に、背番号の問題になり、シアトル時代の51番をという話があったにもかかわらず、イチローが「バーニーの背番号を使うのは・・・」と遠慮し、現在の31番になったという話があるほどの名プレーヤーなのです。

 本稿では、ヤンキースが何故これほどまでに「松井氏を大切にするのか」ということについて、考えてみます。

1. 深く、長い人気

 松井は、MLBの打撃部門のタイトルには縁が無く、成績だけを見ればMLBの強打者のひとりという形ですが、ヤンキースファンの記憶に残るプレーヤーであることは間違いないことでしょう。
 ワールドシリーズMVPとしての活躍や、打点が多いクラッチヒッターとしての勝負強い打撃はもちろんとして、毎試合最初の打席では審判と相手キャッチャーに笑顔で挨拶することや、穏やかな態度など、松井の紳士的な振る舞いは、ヤンキースファンのみならずMLBのファンに浸透していると感じます。

 加えて、デレク・ジータを始めとするチームメイトやジョー・トーリなどの監督の松井選手の人柄に対する評価も、極めて高いものですから、こうした情報は自然とファンの間にも伝わるのでしょう。日本はもとより、アメリカでも松井選手の人気は非常に高かったのだと思います。
 そして、前にも書きましたが、アメリカの子供たちへの人気も大変なものでした。

 ヤンキースを離れて3年以上が過ぎた現在でも、様々なイベントで見る限り、松井氏のファン、プレーヤー、監督からの人気は衰えていないようですから、「深く、長い人気」といえると思います。

 このことは、今回の引退セレモニー実現の、ひとつの要因でしょう。

2. 商品としての価値

 松井選手がヤンキースに在籍していた時代には、ヤンキースタジアムには日本人ファンが数多く観戦に訪れました。その数が、当時の観客動員数の何%位であったか、私にはわかりませんが、相当の比率であったと思います。

 そして、それらの日本人観客の松井関連グッズ購入も凄い量であったと思います。ヤンキースにとって、ドル箱の選手であったことは間違いないでしょう。私の友人も、ヤンキースタジアムの試合を観戦した後、55番のレプリカユニフォームを数十着お土産として買って帰国しました。帰国後、知人に配るのです。1着数十ドルもするものですから、トータル1千ドルを超えるお土産です。彼によれば、「日本の人はみんな、ショップで松井グッズを何十着、何十個と買っていたよ。すごく喜ばれるし、これは外せないお土産だ」と。

 ヤンキース時代の全盛期、松井選手の年棒は10億円を優に超えていましたが、おそらく関連グッズ売り上げの利益だけでも、年棒をカバーして余りあるものだったと思います。

 ある意味では「松井秀喜というプレーヤーは、日本国・日本経済をバックに、ヤンキースに存在した」のでしょう。スポンサー各社やテレビ放映権料、インターネットによるグッズ販売はもちろんとして、毎日のゲームに大挙して押し寄せる日本人サポーターも、世界屈指の日本経済の力そのものです。
 こうした面での「日本代表度合い」では、松井選手はイチロー選手を遥かに凌いでいたと思います。松井は、日本国とMLBの最大の架け橋だったのです。

 松井選手を放出した2010年に、ヤンキースはその事実=「商品としての松井秀喜の大きさ」に、気が付いたと思います。そして、これは推定ですが、現在でも松井グッズはヤンキースショップで相当に売れているのではないでしょうか。
 他チームに行っても、現役を引退しても、売れ続ける背番号55関連グッズ。ヤンキース球団は、松井秀喜という商品の価値を十分に認識しているのでしょう。

 そして、今後も「MLBおよびヤンキースと日本のベースボールファンを結ぶ最大の存在としての松井秀喜」を、大切にしPRして行く必要があると考え、今回の引退セレモニー開催に繋がったものと思います。

 多くのヤンキースファンの気持ちを示現し、今後の売り上げ・利益をも考慮して、特別な引退セレモニーが実施されることとなったと思いますが、何にしても、NYY・ニューヨークヤンキースという、MLB最大最強のブランド、世界中のあらゆるプロスポーツを通じても屈指のビッグチームにおいて、引退セレモニーが開催されるという事実は、松井秀喜氏にとって大変な名誉であると共に、その価値の大きさを如実に示していると考えます。

スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031