FC2ブログ
HOME   »  2013年12月02日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 2013年9月24日、MLB2013レギュラーシーズンの最終盤、テキサス・レンジャーズ対ヒューストン・アストロズのゲーム、ダルビッシュ有投手が先発しました。
 試合は3-2でテキサスが、貴重な勝ち星を挙げました。ダルビッシュには、勝ち負けが付かなかったゲームです。

 このゲームをテレビ放送で観ていたとき、ヒューストンの二塁手がとても小柄であることに気が付きました。

 ホセ・アルトゥーベ選手、ベネズエラ出身の23歳、2011年にメジャーデビューを果たし、現在では押しも押されぬヒューストン・アストロズの中心選手です。
 身長165cm・体重77kgと公表されていますが、もう少し小柄に観えます。アメリカでも、身長160cmあるいは163cmと諸説あるようですが、いずれにしても、現在MLBで最も身長が低いプレーヤーであることは間違いありません。

 このゲームでは2番打者であったアルトゥーベ選手の快足には驚きました。もの凄く足が速いのです。塁間を駆け抜けるスピードでは、MLBで一番なのではないでしょうか。

 この体格で、MLBのレギュラープレーヤーなのですから、「快足」が持ち味なのでしょう。これまでの3シーズン通算打率は.285、14本塁打。やはり、塁に出て相手投手にプレッシャーを与え、得点するのが期待される役割ということになります。

 160cmそこそこの身長でも、MLBでレギュラープレーヤーになれることを証明しているプレーヤーです。日本人プレーヤーにも、とても勇気をくれる選手ということでしょう。体格に関係なく「秀でた技術・スキル」を保持していれば、メジャープレーヤーになれるということです。

 今季ヒューストンは、51勝111敗という不名誉な記録を残してしまいました。2011年の106敗、2012年の107敗に続いて、3年連続100敗以上ということですから、チームは泥沼に嵌っている状態です
 このヒューストン・アストロズ再興に向けての中心選手のひとりがホセ・アルトゥーベ選手なのです。MLBオールスターゲーム2013にも、アストロズから唯一選ばれていました。
 小柄な韋駄天(古い言葉で恐縮です)、アルトゥーベ選手の2014年シーズンの活躍が楽しみです。
スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031