FC2ブログ
HOME   »  2013年12月03日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 2013年11月28日から30日にかけて、高知県のkochi黒潮カントリークラブで行われたカシオワールドオープンゴルフ大会で、松山英樹選手が4日間通算276打・12アンダーパーのスコアで優勝しました。
 
 これで、松山選手は今季日本プロゴルフツアー4勝目、獲得賞金も2億107万円と2億円を越え、最終戦の日本シリーズ大会を待たずに、2013年シーズンの賞金王を確定しました。ルーキー年の賞金王獲得は史上初、2億円越えは史上3回目と、記録ずくめの優勝となりました。

 今季、プロ転向2戦目という最短記録付きで4月のつるやオープン大会で初優勝した後、

① 残る世界ゴルフのメジャー3大会全てに出場し、いずれの大会も健闘しましたが、特に6月の全米オープンで10位、7月の全英オープンで6位と、日本人プレーヤーとして初めて「メジャー2大会連続10以内」を記録しました。
② 秋には、アメリカPGAツアーを転戦、翌シーズンのPGAツアーシード権を獲得しました。ルーキー年でのPGAツアーシード権獲得は見事なもので、今季の松山選手の最大成果であったと思います。
③ そして、今般日本プロゴルフツアーの賞金王となったのです。特に、16試合という少ない出場大会数での2億円突破は、各大会での安定した成績の賜物と言えます。

 この松山選手の「強さ」の源について考えてみました。
 体力面の強さは誰もが認めるところですが、この点だけなら日本プロゴルフツアーには松山選手と同レベルのプレーヤーが複数居ると思います。(また、居てもらわなくては困ります)
 私は、松山選手の強さの根源は、「勝ち切ること」が出来る点だと思います。「勝ち切る」ために必要な要素を冷静に分析し、勝ち切るための戦略を立て、それを実行できる点だと考えています。体力・体調面の把握はもちろん、精神面、ゲームの流れを読む分析力、具体的な各ホール攻略の戦術面、等々の複数の要素を総合的にマネジメントする力が優れているのでしょう。

 例えば、今カシオワールドオープンですが、今季故障した腰の回復途上にあり、右手親指の故障も抱えていましたから、「攻めまくる」といった無理はできません。バーディを重ねて「ぶっちぎる」というゲーム構築はできませんから、他の選手と自らのスコアを見ながら「1打上回る」という基本方針を立てたのでしょう。

 最終日の前半、池田勇太選手が攻勢をかけ松山選手を逆転しました。15番までは、池田選手が13アンダーパー、松山選手が12アンダーパーと池田選手リードの展開。このあたりは「このまま池田選手が走るなら、イーグルも有り得る18番パー5で勝負」と、松山選手は考えていたのではないかと思います。

 ところが、池田選手が16番17番を連続ボギーとします。よもやの展開です。松山選手はパーを重ねて、最終18番ホールでは松山選手が1打リードでティーインググラウンドに立ちました。
 この時点で松山選手は「このホールで逆転されることだけは回避、最悪でもプレーオフ」という戦略だったのではないでしょうか。つまり、バーディ-ボギーやイーグル-パーといった展開だけは回避する形です。

 池田・松山両選手とも2オンできず、アプローチ勝負。まず、池田選手が寄せ切れずグリーンエッジ、下りの6~7mのバーディパットを残します。
 「池田選手のバーディ確率は高くない」と考えて、松山選手はバンカーショットに臨み、大きくショートして5m位のバーディパットを残しました。このショットを観て「強いな」と感じました。

 反対側35ヤード先に立っているピンを狙ってのバンカーショットであれば「ホームランのリスク」があります。池田選手のアプローチ失敗を見て「最悪でもパーを確保」するという作戦に変更したのでしょう。
 「勝ち切る」ための打ち方、絶対にホームランを打たない打ち方、砂を多めに取って抉るような打ち方を選び、実行したのだと思います。

 さて、史上3回目の賞金2億円越えを達成した松山選手が、来シーズン戦っていくアメリカPGAツアーは、既に2014年シーズンがスタートしています。
 そのPGAツアーの2013年シーズン賞金王はタイガー・ウッズ選手でした。その獲得賞金額は840万ドル余り。1ドル100円で計算すると8億4千万円余りです。
 日本ツアーで滅多に無い2億円越えを達成しても、PGAツアー賞金王の4分の1に過ぎません。

 松山選手が2014年戦っていくPGAツアーとは、そういうフィールドなのです。しかし、体調さえ整えば松山選手なら十分に戦っていけるとも感じます。
スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031